うつで体内時計が乱れる原因と、体内時計の戻し方

スポンサーリンク


久々に躁うつ病関連の記事を書く。

躁うつ病になってから時々、
体内時計がおかしくなったせいで、夜中にいくら寝転がっても眠れないから、結局、夜に寝ようとしようとしても、朝型に戻れない。
というがぼくはしょっちゅうあるんだけど…ない?

体内時計を戻す過程で、僕がよくやる失敗なんだけど…ない?

今回はこういったことが起こる原因と、逆に起こってない時の順調な循環をしている時の話をして、体内時計が乱れて悩んでいる人の参考に慣れば…と思う。

体内時計が乱れる原因は、働きすぎもしくは動かなすぎ

躁うつ病が酷いときならともかく、マシになってくるといつも体内時計が乱れてるわけではない。

躁うつ病の名の通り…躁状態だと、3時間ぐらいの睡眠でも生活リズムがそんなに狂わなかったり、気が大きくなって細部が雑になったり、無理な約束をしてしまったりするなどハイな方向におかしいところがあるけど…表面上すご~く健康。
ただ…うつ側に来ると体内時計が狂ったり、何もする気が起きなかったり、最悪病気したりする。

うつや躁うつ病の人達に話と自分の経験を総合すると…季節の変わり目や異常気象の時に、おかしくなりやすいようだ。
突如寒くなるとか、台風が来るとか、季節外れの真夏日とか。

偶然ではなく「季節性情動障害」なんて病気もあって、うつとはまた違うとはいえ…季節の変わり目になるとメンタル面や自律神経が原因で体調崩す人は多いみたい。
特に夏場よりかは「冬」が絡んで「これから寒くなる」「急に暖かくなる」というときは不安定みたい。

すごく嫌なことがあると…そこから、ズルズルとリズムがおかしくなる

あとは…自分にはどうすることもできない「ショックなできごと」が絡むと…体調を崩すことがぼくは多い。
例えば…酔っぱらいがうちを間違えて家のドアを深夜にドンドン叩いてきたり、急に予定外な支払いや踏み倒しといった金銭トラブルに巻き込まれたり…。

 

今回の僕は家のコンロが壊れたのと、喉風邪のダブルパンチだったわけだが…。

家のコンロが壊れる前は自炊を楽しんでた。
だから、風邪で寒気がした時も「店屋物は脂っこいものが多いから、自分でなにか作るか」と思って、キッチンに立った時に…コンロのスイッチがつかない…という事件が発生するまでは、生活リズムは比較的順調だった。

ところが、コンロ使えない、病院でもらった薬が全然効かない…しかも、業者からの連絡も3日ほど待ったけど来ない…という時、気持ちが滅入ってそこから下り坂担ってしまった。

 

状況を業者に聞いたら、日取りを決められないのはコンロを取り寄せる日を決めるのに時間をかかってたからだし、喉風邪も…周囲に話を聞く限りでは流行っていたから…落ち着いて考えれば気に病む程のことでもなかったのだが…
「どうしよう。何もできないし、何も家で食事が作れないからお金もかかる。」
と思ったら、すごく焦ってしまった。

風邪も嫌なことも一週間も時間をもらうと、解決していた。
それでも、体内時計がもとに戻らなくて、生活リズムを直せていない自分がいた。

生活リズムが乱れてる時に大事なのは「血行」である

結論から言うと…血行を良くするといい。

お金かかる方法だとお風呂やサウナとか行くととてもいい。
お金かかんない方法なら、ストレッチや柔軟体操、自分で足つぼマッサージするとか…そういうことをやると…徐々に、睡眠の質が上がって、「体内時計を戻そう」という意識と戻すための正しい時間の就寝さえすれば…戻る。

おすすめとしては、ある程度体を柔らかくしてから、サウナに行くか、日頃運動しているのに行き詰まった時にサウナに行く…という、サウナを応急処置として使いつつ、根本的なところは運動でどうにかするというやり方。

 

…というのも、うつの時に眠れない大きな理由は
「頭と体がバランスよく疲れることができてないから」
なんだよ…。
とくにうつで休職したり、社会生活から外れたりしてメンタルばかりが疲れるパターンが多い。

あるいは、逆に仕事が忙しすぎて肉体だけが痛くて頭の方は使いきれてなかったりして、鬱だと気づいてないけど、体が眠れないことや止まった状態で落ち着いた思考ができない(何もかもがイライラしてしまったり、目の前のことばかり考えすぎてネガティブになったり)することも多いから、体ばっかり疲れてても眠れなくなることはけっこうある。…ぼくもうつで休養する前はそうだったし。

 

というわけで、うつが体のリズムをおかしくなってきている場合は運動するといい。

ただし、自分のペースで徐々に徐々に

ただねぇ…うつ状態の時って何もかもめんどくさい。

体内時計狂ってて疲れが取れない…っていうのも、ある。
でも、根本的に無気力だから、何もかもがだるい。メシ作るのも、お風呂入るのもだるい。

そういう時に込み入った運動なんて無理!!

だから日常的にできるものから徐々にやっていく。

それこそ、伸びとか前屈みたいなストレッチから徐々に徐々に。
気分が乗ってきたら、ルーティーンの中に腕立てやスクワットを入れて戻していく。

 

「毎日筋トレをルーティーンにしていれば、苦労しないのでは?」
そう!だからできるだけ毎日やるようにしてる。

でも、何かあってできないと、そこからリズムを戻すのに数日・2,3週間かかったりする。

だから、戻す時には「ルーティーンでできてたことをそのまんま戻す」のではなく、徐々に慣らしていく。

 

他人とかできる時の自分と比べたらだめ。
「ちゃんと乗ってきたら、これだけのことができる」
という自分を信じるメンタルは大事だけど、できない時の自分をできる時と比較して悩むぐらいだったら笑われそうなぐらいの初歩から地道に戻した方いい。

 

自分の頭や意識、頭ごなしな誰かの言葉で物事を難しくしちゃいけない。
マイペースに体調に応じて戻していけばできることも、プライドとかメンツが絡むと…逆にできなくなるから。

うつを患った人 にインタビューすると…自分で自分にハードルを課しすぎて自滅する人多いのよね。

一人になっても、マイペースな部分や体調と折り合いをつけることを覚えないとついつい失敗しちゃうねぇ…。

 

◆関連記事:躁うつ病との付き合い方

精神科・心療内科への通院を考えてる人が注意すべき7つのこと
うつで通院して困ったり驚いたことをまとめた。これから通院する人の参考になれば。

うつ・躁うつの人が秋から初冬にかけて鬱が酷くなる理由/対策を語るよ
さっきも触れたけど、季節の変わり目はおかしくなる。その理由や対策について書いた。

スポンサーリンク