マンガ「信長のシェフ」こそ正しい異世界転生だと思う

スポンサーリンク


LINEマンガで、途中まで無料で読めるから読んだのですが…これ、かなりいいです。
じっくり読みたいところがいくつかあったので、少しばかり購入しました。

2011年の作品から連載されている作品なので、もう20巻以上にまで作品が伸びてしまっていまから全巻揃えるのは難しいかと思います。

しかしながら、異世界転生作品がウケたいまこそちゃんと読んでほしい作品であるとも思います。

あらすじ

戦国時代にタイムスリップした(と思われるシェフ)が信長専属の料理人として、料理を献上したり、和平交渉に一役買ったりするお話です。

現代についての詳しい記憶がなく、料理についての記憶だけがあるため、現代社会への執着がない代わりに、戦国時代特有の倫理観にも苦しむ。

そういう主人公のお話。

知識に裏打ちされた「別の世界で生きていく難しさ」が描かれた作品

この作品のすごさを語る際に、すごい部分を2つに分けて紹介しないといけない。
1つは、原作者の知識がスゴすぎるため、その世界にあったリアルな主人公のすごさを描き出しているというところ。

ダメな創作物だと
「未来人が過去に行けば、みんなが知らないことを知っているから無条件にすごい人になれる」
と誤解しているような作品がいくつも存在する。

 

最近だと「百錬の覇王」という異世界転生ノベルが悪い意味で話題になり、ぼくも批判記事としてこんな話を書いた。

古代の世界で「おいしいパン」を作ろうと思った時に問題になるのは臼ではないんだよ…。
というのも、ロータリーカーン(石臼)は古代ローマからあった道具だけど、臼自体は…別に古代エジプトの時代からあるんだよ。パンも古代エジプトの時代からある。(発酵させないパンだともっと古い)

(略)

「おいしいパン」はすげー難しい
よしんば「古代にしてはおいしいパン」だったとしても、それを作るのに必要な文明の利器は臼ではない!小麦やバターの生産量、水道や井戸の問題からやらないと話がおかしくなる。

(略)

何が言いたいかと言うとですね…持ち込むオーパーツがおかしいんだよ!この作品。
それで、未来から来た人が技術を普及して自分の国を作っていく作品とか言うから「はぁ?」としか言えないわけ。

百錬の覇王がつまんない最大の理由を語りたい

百錬の覇王は紀元前の世界にタイムスリップした世界での物語なので
「ネットで検索した新しい知識を取り入れて新しい戦術や技術を持ち込む」
というテーマで、色んなものを主人公が異世界に持ち込んでいるわけだけども…異世界に持ち込む技術のチョイスがおかしい。

「過去の時代にタイムスリップして新しいものを持ち込む作品」
は、SF小説としては戦国自衛隊、ライトノベルの世界ではまおゆう魔王勇者以降、たくさん生み出されているのだが…力量の足りない作者は、科学技術や戦術の歴史をキチッと理解してないため、紹介する技術を間違えている場合が多い

「醤油が存在しない時代」の和食って想像できます?

その点、信長のシェフはすごい。
食材や調理法の歴史を正確に把握しているため、何がないか、何があるかをキチッと把握して主人公が料理をしている。

例えば…戦国時代にはうなぎを開いて焼いていなかった。

並のライトノベルなら、この辺の解説もないだろうし…そもそもうなぎを開いて焼くのが当たり前になっているから昔はどんな料理になっていたかもよく調べたりしないだろう。

うなぎ自体は、奈良時代には食べられていたことが文献から明らかになっているのだが…蒲焼きという概念が登場したのは鎌倉時代。
ただ、この時代には現代の蒲焼と違って、ぶつ切りにして味噌や酢をつけて焼いていた。

なぜなら、醤油が登場がなかったから。

「1580年」というのは絶妙な時期で…織田信長が亡くなったのが1582年。
つまり、信長が食べていた日本料理は醤油を使ってない料理がほとんど。
また、マンガを読む限り2巻で1570年に起こった「金ヶ崎の退き口」をやっていることから、ちょうど醤油が普及する直前の時代であることが、わかるように作ってある。

だから、信長のシェフは醤油を使わない和食がたくさん出てくる。

その辺を不便に思っていたため、2巻になると、醤油がない不便さから醤油の代用品を模索する描写も出てくる。

この作品の面白さは、「信長のシェフ」という題材の通り織田信長の時代に現在の料理の技術を持ち込んでるところにある。
しかし、食材が揃わないことから、調味料をうまく代用したり、その時代にはできない料理方法をうまく避けることで、「新しいけど、ちゃんとその時代に作れるもの」を試行錯誤している

ぼくは前からライトノベルの世界で流行っている異世界転生作品に
いやいや、現在のものを持ち込んでも当時の人には好みに合わないか、そもそも料理が揃わなくて作れないでしょ!!
ともやもやしていたから、その辺のイライラを信長のシェフではいい意味で埋め合わせてくれて気持ちよく読める作品になっている。

スポンサーリンク


原作者は元公邸料理人。だからこそ「単に料理がうまい未来人」に留まらない

「信長のシェフ」のもう1つの面白さは、原作者に公邸料理人の経験があるということ。

もちろん、新しいもの・南蛮から来たものが好きだった信長にとっては、未来人から料理が振る舞われること自体喜んで食べると思う。
実際問題、マンガでも最初は主人公の作る新しい料理を評価するところから信長とのお付き合いがスタートしている。

ここまでは「信長ならシェフを雇うだろうし、信長ならシェフ好きそうだから別に…」と思う。
でも、このマンガはもっと先を行っていて、それには作者が公邸料理人であることが活かされている。

公邸料理人は…料理の中に政治的なメッセージを込めたり、友好の証として相手のことをよく知っているからこそ出せる料理を出すという側面を持つお仕事。
だから、料理がうまいだけではなく、その場その場に合わせた料理を出せる人でないと公邸料理人は務まらない。

これが織田信長という相手であるならば、
・戦場で作れるような即席料理
・外交や通商の場で、相手に力を見せつけたり、メッセージを込めるような料理
・急な催し物に対応する柔軟な対応力を活かした料理
と様々な場面で、適切な料理ができる人でないと…信長のシェフとは到底言えない。

実際、この辺の部分がきちっとしていて、信長じゃなかったら怒られてしまう料理を作って失敗したり、主人公にしか作れない西洋料理で南蛮人を感動させたり…という場面が出てくる。

個人的に面白かったのは、北畠家との交渉の際に作った料理。
料理の詳細はマンガを買って見てもらうものとして…北畠家の料理人を200年も先の料理を作って驚かせることで、文化的水準の差を見せつけ、名門北畠家との交渉を有利に進める…というシーン。

兵力差で圧倒され、厨房を任せている料理人に解説を求めても説明ができない…そこまで差をつけられてしまうと、信長のカリスマ性を引き立てる要素になってしまう。

自分たちが知り尽くしている地元の食材で、食べたことのない料理を作られてしまうと…自信も揺らぐ。兵力や数字の交渉では語り尽くせない部分を信長のシェフが埋め合わせることで交渉を有利に進める。

 

中学生高校生が読むライトノベルなら、
「自分でも学校とは違う、こことは違うどこかで才能が発揮できて、女の子にモテるかもしれない」
という夢(というなの、淡い幻想)を描く必要があるから、特別な人間による裏打ちされた技術や知識なんて描かなくたっていいのかもしれない。

しかし、フィクションとしての面白さや、物語を通じて人の心を掴んだり、困難に立ち向かっていく人間のすごさを見たいのだったら、ぼくは信長のシェフを読んでほしい。
確かにティーンが求めている「なにか変わればぼくだって…」的なことは描いていないけど、与えられた場所・制約の中で結果を出していく大人の面白さが詰まっているから…それはそれできちっと読んでほしいよ。

時期にとってはLINEマンガでも読めるけど…雑学が詰め合わせとして優秀なので「面白そう」と思ったら手元においておくことをおすすめしたいです。

 

◆関連記事:やたら知識のつく名作マンガ

 医療現場で女性が働けない問題、医龍では15年も前に語られているんですが…
本当は時事ネタに関する記事なんだけど…女性が医療現場で子どもが作れなかったり、苦労している話はもう15年も前に医龍が語ってるんですよねぇ…。マンガと言いつつ、社会を風刺している作品としてすごいです。
マンガ「絶滅酒場」のシュールさがヤバイ。中身と外見のギャップがすごい!!
名作かはわからないけど、絶滅種に関する知識がすご~くつくマンガです。しかも、見た目には単純にシュールなだけの作品なのに知識が詰まってるから逆にすごい。

マンガ「ぜっしゃか!」はマニア達の楽園である!!
今はもう販売停止した古い車について紹介した作品です。車マニアも驚くほどの深い知識に加えて、作者のレトロな絵柄と趣向が生きた素晴らしい作品です。

 

スポンサーリンク