フットボールネーションの「もも裏歩き」はマジで痩せるので、おすすめ!! – 青二才は振り向かない!!

フットボールネーションの「もも裏歩き」はマジで痩せるので、おすすめ!!

スポンサーリンク


「騙されたと思ってやってみて」

なんてよく言うけど…本当に驚くような効果が出たぼくからも「騙されたと思って」やってほしい。

 

開始して1日目には効果を実感したけど、かれこれ2週間続けて今では

「痩せてきたから新しいズボンを買いたい」

とか、

「このペースで痩せて、夏に海で水着を着る」

とか大真面目に言ってます。

 

こんなにすごいぞ!裏もも歩きの効果

しかも、「もも裏歩き」という名前からはイメージしづらいけど、太ももだけじゃない。

 

効果は全身に現れていて、
・腰回り(ウエスト)が痩せ、
・出てたお腹(特に下腹)が凹んで、
・お尻はキュッと上がって、
・腿裏にもしっかりした筋肉がつきながら細くなる
・お尻と骨盤が安定するから姿勢がよくなるし、姿勢を正しているのが楽になる

という、全身がキレイに痩せる要素が詰まっている。

 

しかも、

「いっぱい食べたら台無しになる」

ってこともない。
…いや、骨盤・下腹を支える筋肉ができてくると満腹感を感じやすくなるので、何もストレスを感じずに食べる量や食べる感覚が健全な量・回数に調整されている。

 

いっぱい食べられてしまう「胃下垂」の原因は、ストレスと運動不足。
一方で、「胃下垂」を治すために必要なこととして、「姿勢を正すこと」と「腹筋を鍛える」というのがあり、胃を支える筋肉がしっかりしてくると食べる量は自ずと減る。

 

この時、一般的な腹筋で鍛えられる「腹直筋」を鍛えるのも効果はあるけど…下腹や骨盤の筋肉を鍛えるとさらにいいみたい。

というのも、自分でやってみた限り、腹直筋を鍛えても確かに改善した。
だけど、もも裏歩きをやったら腹直筋を鍛えるよりもさらに明確に改善したので、最近は食べすぎることも減ったし、食べすぎても胃もたれしにくくなった。

 

だから、「食べるのが大好きで食事制限が苦手」という人にも、もも裏歩きをして減量していくのはおすすめ。

 

もも裏歩きの理論とやり方

ぼくがもも裏歩きのやり方を知ったのは「フットボールネーション」というマンガがきっかけです。

 

もも裏歩きについて読みたい人は2巻だけをどうぞ。
もも裏歩き以外にも、サッカーで使うフィジカルやテクニックについて丁寧に綴られたマンガなので、できることならシリーズまとめ買いして読んでほしい。

 

ちなみに、今からフットボールネーションの中でもも裏歩きについて解説した部分を引用していくが、詳しい理論まで知りたい人はマンガ20ページ分をじっくり読むのがおすすめ。
ここで紹介するのはあくまでも、「やり方が分かる程度」なので、もっと筋肉や人体のことについて知りたい人はマンガをどうぞ。

スクワットとか、四股で鍛えられる「ももの前の筋肉」は走る時にはブレーキになる筋肉。
一方、もも裏の筋肉がハムストリングスで、早く走ろうとするともも裏のハムストリングスを鍛える必要がある。

しかし、太ももを上げたり曲げたりして鍛えられるような「大腿四頭筋」の方ばかりを鍛えがち。
これは野球とか相撲とか日本人が好きなスポーツだと「踏ん張る力」が問われる競技が多いからいいんだけど、サッカーだとそんなによくないらしい。

 

そこで、ハムストリングスを日頃から鍛えるための「もも裏歩き」になるわけだけども…やり方はこういう感じ。

ハムストリングスの付け根の部分はお尻の大殿筋の下…お尻の下半分ぐらいのところにあるから、そこを動かすようなイメージで歩く必要がある。

 

この時、猫背であったり、膝を曲げてしまうと前ももで歩いてしまうから、もも裏を鍛えたい時には姿勢を正して歩く必要がある。

これを習慣的にやってると、もも裏だけではなく、骨盤の内側の筋肉もセットで鍛えられるから…腰回りもしっかりしてくる。

これは日常生活だと痩せたり、姿勢が良くなることに繋がる。サッカーなら、早く走れるだけではなく視野が広がって軸も安定する。

 

 

最初はいつもと違う感じの歩き方で恥ずかしかったり、慣れないフォームで歩いているから遅くなるけど、1週間もやってるとむしろもも裏歩きの方が早く歩ける。(走った時も加速が全然違います)

正直、ぼくはこれを自宅から駅前の喫茶店まで1日20分程度毎日やってただけ。
でも、前半に書いたように、ウエストが痩せたり、お尻のカタチがきれいになったり、食べる量が安定して食べ過ぎが減ったりして…筋肉をつけながら痩せるので、効果は絶大…と言っていいだろう。

 

慣れるまで若干の筋肉痛があるけど、腹筋や太ももの筋肉痛よりは遥かに痛みも楽。(だから続けられた)

 

本当におすすめなので是非やってみてください。

 

 

スポンサーリンク