自称進学校に行くとバカになる。保護者が教師の言う通りにしたらもっとバカになる

 

あまり面白い話でもないので、短めに行こう。

いつもはナウ(時事ネタばっか)でヤング(筆者が中二病)で、ロックンロール(エロ要素と喧嘩腰の文体と抗うつ剤)なブログを書いてるが…今日のテーマは珍しく教育的で進学をお考えの親御さんのための内容。

高校生~三十路前のオタク男子と、男勝りな女性に向けて書くが…今日の内容は中学・高校生とその親御さんに向けているため、うちのブログの熱心な読者にはあまり参考にならないかもしれないので、ご勘弁を。

 慶応ボーイだけど、バカンスするよ!

全国的な進学校や、偏差値の高い大学は校風が自由で、イベント事は徹底的に楽しむ学園生活を送る。他校との合流が盛んな大学生は知ってるかもしれないけど…実は大学によって夏休みは違う!

俺の大学よりも九州大学と慶応大学の方が夏休みは早く始まって遅く終わる。長い休暇を利用して、旅にイベントにバイトに…と自主的に動きまわる。

これは高校でも同じことが言える。授業・テストを増やすではなく…偏差値の高い公立高校は文武両道に優秀な成績を収める。(野球など特待生制度が充実した競技は難しいけど、特待生が少ない・高校から始める人が多い競技はとにかく強い)

細かいことはあとで語るが、「勉強ができるやつがスポーツもうまくなりやすい」し、逆に「スポーツができるやつは勉強のコツをつかむとあっという間にクラスで一番になる」のが現実。

でも、この記事の主人公はやつらじゃない。むしろ、発達障害や成長の遅れから「やっと中の上の学力をつけて自称進学校に入れた」という真面目系クズ側の僕みたいなやつの話だ。

僕は残念ながら、「進学校」ではなく「自称進学校」の出身者であり、休みも少なく、遊びも地味で、規律もうるさい学校の出身者だ。

自称進学校とは?偏差値50~58ぐらいの私立学校の特進クラスがある学校を指す。「学校側は進学校を名乗り、生徒はそれを1ミリも信じてない学校」のことを指す。

「自称進学校に行くとバカになる」と書いたが、何がいけないか?

進学校と自称進学校は完全に真逆の存在。勉強どころか運動も何もできなくなる「勉強しているふり」だけがうまくなる真面目系クズを社会に輩出し続けることが問題なのだ。

ざっくりと言えば、進学校は「やれなくてもできるから放っておこう」で、自称進学校は「やればできるから生徒にやらせよう」とする。(バカ学校は「やってもできないから置いておく」ぐらいの立ち位置)

「やればできる」という日本語はクセ者だ。逆に言えば「自主的にやってない・やらない・できない」と自称進学校は生徒を決め付けて、善意の押し付けとして勉強をしいる。僕のように「勉強してもできるもの・できないもの(発達障害・効率の悪さゆえ)のムラがあって、全体を通してみると普通」な生徒が大多数だが、先生はそうは思ってない。

それも土曜や平日の追加授業・補習などで他の時間を奪って勉強させるから体力が落ちる。部活動や好きなことをする時間が勉強に蹂躙される形になるため、勉強が嫌いになりますます効率が落ちる。3年間の高校生活が終わってみると全てを失って、「真面目なふり」しかできないクズができ上がってる。

僕は神奈川に来てから「自称進学校」に転校したが、神戸にいた学校にも「自称進学校クラス」というのがあった。授業が7時間目まであり、部活さえろくにさせてもらえないかわいそうなクラスがあったが…ろくなところに進学してなかった。

そのクラスの子や、ほかの「自称進学校」に入った知人はみんな結末が悲惨だったね。ある人はノイローゼ、ほぼ全ての人が大した学校に進学できない、さらにひどくなると中学時代にやりこんでたスポーツや趣味さえ取り上げられる。

親はそれを「熱心な教育」だと言って、宗教にハマったように子どもから勉強以外のモノを取り上げていくんだけど…拒否したほうがいい。

自分で高校が卒業できるだけの手続を通信制や転校…もしくは独学になってもやれる自信があるなら、そういうことも視野に入れて考えたほうがいい。

 「勉強量をこなせばできる」と思わないほうがいい

そもそも、「好きでもないこと」をいくらやったってうまくいかない。

1つ例を出せば、僕は政治経済の授業中は数学の問題解いてて、テスト勉強らしいテスト勉強もしたことがない。範囲確認してテストの日の通学時間に教科書を読んだだけ。…でも、この成績が倍以上の努力したはずの数学や英語よりも成績がいい。

社会科系科目については「勉強してる」と思ったことがない。だから、自分でちゃんとやれば、授業がなくたって模試ですごい成績を出したこともある。

他方、他の科目は小テスト・朝のテストなどに追い回されるほど伸び悩んだ。数学はまだ遊び感覚が残ってたからそれほど落なかったが、「自称進学校」に来てから数学と社会科科目以外の成績は全部落ちた。

「人のせいにするなよ」とか言うなよ?数字・結果は嘘をつかない。遊び半分でやった科目の方ができて、遊びをなくした科目ほどできなくなっていく。

身をもって体感したからこそ、これから学生生活をエンジョイする人と、子どもにより良い学校生活・進学を送って欲しい人は次のことを心得て欲しい。

学生時代に勝つのは「発達障害や家庭の事情で一芸に秀でた変人」ではなく「要領がよく、集中力が高いタイプ」だ。勉強できるやつが勝つのではない。「ずるいやつ」と「好きで好きでたまらないことをやり込める環境を確保できたやつ」がより良い成績をより良い進路を勝ち取る。

それを教えない自称進学校なんて場所に行った時点で負けてる。まして、その事実や子どもが発する「これはダメだ」というシグナルに気づかない親は大惨事だ。

将来にまで響くほどのダメ教師・ダメ学校にあたってしまったときは「勉強も卒業単位もその学校以外だって取れる」ということを頭の隅に入れておいてもらいたい。学校だけが世の中の全てだと思っている先生も同級生も親も、君にとって良くない時だってあることをいつも頭には入れておいて欲しい

参考資料

マインドマップ – Wikipedia マインドマップ - Wikipedia

独学で勉強しないといけなくなったときはこれを使うといい。世界史を独学で勉強して模試で学校一番の成績を収めるのに使った技術がこれ。(マンガ「ドラゴン桜」では「メモリーツリー」と呼ばれていて、当時の僕はメモリーツリーと呼称)

君が代不斉唱の教諭、生徒から平手打ち 大阪 君が代不斉唱の教諭、生徒から平手打ち 大阪

言いたいことは…察してください。

高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定) 高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)

今、大検という呼び方が古くて「高認」と呼ばれてるらしい。

これは最後の手段なので、あまり当てにしないほうがいいけど「こういうのもあるよ」という程度のことは頭に入れておいてもらいたい。

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]

本は文体や描き方がコテコテしてて嫌いだけど、映画は名作なので見て欲しい。高校時代の鬱屈した感情をちゃんと表現してくれている良作なので

・関連記事

「やりがい事が見つからない病」にかかる高校生活への傾向と対策  「やりがい事が見つからない病」にかかる高校生活への傾向と対策 - 言いたくないけど、僕が青二才です

→自称進学校で悩んだことを書いてみました。これとはまた別の話

僕が美術の授業を嫌いだった理由を語ろう  僕が美術の授業を嫌いだった理由を語ろう - とある青二才の斜方前進

→学校で思ってたことと実際のことが違った発見があったので書いた。

フリーゲーム「お嬢様は勉強がキライ」だからエスケープを試みた?  フリーゲーム「お嬢様は勉強がキライ」だからエスケープを試みた? - 言いたくないけど、僕が青二才です

→お勉強つながり。勉強嫌いのお嬢様役として勉強から逃げようと抵抗するゲーム

tm2501 登録者

炭水化物が主食です

コメント

    harkat1987

    (2013年9月29日 - 3:33 PM)

    いつも楽しく拝読させて頂いております。
    何というか私の考えとまったく真逆
    で面白いのでコメントさせて頂きます。
    「要領がよく、集中力が高いタイプ」
    私はむしろこのタイプが自称進学校の
    中心でそこそこの大学行って将来リア充
    (笑 になるもんだと思ってましたが、、、
    で、逆に
    「発達障害や家庭の事情で一芸に
    秀でた変人」
    このタイプは勉強特化で進学校に多数生息。
    最高学府まで行くけど、コミュ障みたいな。
    後、もう1点下記の下りちょっと眉唾でした。
    —————————
    テスト勉強らしいテスト勉強もしたことがない。範囲確認してテストの日の通学時間に教科書を読んだだけ。
    —————————
    これで点数取れたなら、元々相当頭いいか、
    どんだけ突き詰めてたんだっていう。
    「学校のテスト問題」と「趣味で
    深めた知識」ってあんまり互換性
    無い気がします。
    多分元々頭が良かったんだと予想、、、
    お目汚し失礼しました。

    TM2501

    (2013年9月29日 - 5:28 PM)

    id:harkat1987さん
    いつも読んでいただきありがとうございます。
    考え方が逆の部分については否定しません。確かに学校に関係なく、どちらのタイプもいます。
    統計の取れる話でもないので、「どちらの人を多く見かけたか」という印象論・経験則をもとにして書いているため、考え方が違うことについては否定はしないです。
    ただ、僕が「元々頭が良かった」というのは発達障害持ちゆえに正しくもあり、間違いでもあります。
    僕自身が「発達障害や家庭の事情で一芸に秀でた変人」で、進学校の奴らよりも社会科科目を中心に暗記科目はできました。だから、模試や定期テストの成績はいつもデコボコでした。
    ですが、英語・国語はどれだけやっても「自称進学校の真ん中」でトップになれたことが人生で一度だって、どんなしょぼい集団でもありません。

    harkat1987

    (2013年9月30日 - 6:46 AM)

    ご回答ありがとうございます。
    確かに私も社会政経辺りの成績と英語、
    国語の成績はリンクしませんでしたね、、、
    しかし今回の記事読めば読むほど過去の
    自分に教えてやりたい内容ですわ。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です