躁鬱病の何が辛いかを簡単に語る

書く気力がわかないから、短めにしか書かない。

 自分の状態を自分で説明できない。

f:id:TM2501:20150821135105j:plain

風邪とか骨折なら「そろそろ治るかな?」がわかる。だが、メンタルヘルスはとにかくスパンが長すぎてわからない。

診断名がろくに出ず、通院半年以内は適切な所為すらわからないことはザラにあり、薬を飲めば、効果が出るまで2ヶ月かかるような薬もある。(おかげさまで採血して血中濃度はかりながら抗うつ剤をしています)

ここまでは(躁)うつ病でも、それ以外の精神疾患でも通る辛さだ。

精神科への診療について、とにかくいらだった。その苦言の根本的な原因は「ほかの病気・怪我では考えられないほど、時間がかかること」なんだ!

「治らないし処置もされない(自助努力すらできない)」状態が続く。

例えば、「風邪には蜂蜜入りのお茶が効く」「その怪我なら1週間で治る。そのうち3日ぐらいは絶対安静」みたいな方向性や予定立てができると精神的には追い詰められにくい。凹むけど「数日後には元通り」という安心感の上で凹んでいるだけ。

一方、メンタルの方は全然違う。いつ治るか、いつ診断結果が出るかわからないし、自分の体調が良くなっているかどうかも正直よくわからない

何回も通って病気の症状と思わしき症状があったところをしらみつぶしに話し、その話をもとに診断。さらには、IQと性格のテストまでやり…それだけで3ヶ月。

その間何をしたらいいかわからない。いや、その後も「自分が良くなっている」という確証が全然得られない。

特に、僕が患ってる躁鬱病は体調の波が激しくて、元気な時(躁状態)は、3時間以内の睡眠で、ずっと動いていられる。逆にそわそわして何かせずにいられなくて、ネットしたり本読んだりとアグレッシブになる。しかも、それなりに成果が出る。

だから、躁状態が来るたびに「俺元気やん!治ってきたんちゃう?」と感じる。

だけど、元気がない時(鬱状態)はその逆。全く動けない。すぐ寝込む。テンションが高いときはブログなんかいくらでも書けるのに、全然構成がまとまらない。集中力散漫で勉強しても小一時間で頭が痛くなる。もっとひどいと、眠気に煽られて勉強中に話が聞こえなったり、テキストを追えない・ノートが取れてないこともザラ。

いや、少なからず誰でも「そういう時」はあるよ?

だからこそ、躁鬱病の診断をもらってなかったら「気合が足りない」と怒られかねないレベルのことの連続だから、そもそも病気だと気づいてもらえない

でも、湿気たマッチじゃ火はつかない。そして、躁鬱病は「周期的に自分自身が湿気たマッチ(のようなダメな自分)と、ハリウッド顔負けの大爆発(で頑張れちゃう自分)を繰り返す状態」だから、自分が元気なのか・体調不良なのかが人に説明できない。

 躁状態に書いたブログはヒットする法則

体調の良し悪しはいたるところに影響しているが、最も顕著で見える形になっているのは僕に限って言えば、ブログ。ブログがちっとも書けなくなって体調の異変に気づいたのもブログであれば、病んで折れかけてる自分を勇気づけてくれたのもブログだった。

・ガツガツとブログを書く元気があり、ヒットもしちゃう時期

・元気がなく、なんとか食らいついてるor全く書けない時期

この2つを繰り返してる。

これが日常の中で繰り返されると、自分に対して「すごい!」と思う時と、「どうしてこんなこともできないんだ!」を繰り返して精神的に自分自身の立ち位置や振る舞い方・あるいは生活のペースをどうしていいかがわからず、戸惑う。

戸惑うだけならまだしも、人に会って予定を立てたり約束して自分がどのぐらいできるかを説明することさえ困難になる!その二面性が躁うつ病のめんどくさい所で、それらが仕事や復職、コミュニケーションを阻んでしまう。

ブログに限らず、躁状態の時は眠れない・生活リズムが狂いやすい反面精力的に目の前にあることをこなすことができちゃうし、寝てないはずなのに全然動ける。疲れているような「気がする」だけで結果だけ見ると動けている。

「じゃあ、鬱だけとって、躁状態にテンションを持っていけばいいじゃない!」

これを実践して躁鬱の繰り返しを克服した人もいるし、僕の記事を読んでて思う人もいるが…医学的には邪道だ。躁状態は躁状態で健康や精神に危ないから「体調が精神に引っ張られないように安定させる」ような治療が行われる。(元気になってくると躁状態の方がかえって怖く、躁状態の時に取り返しの付かない浪費や自殺などに走ってしまう人もいるそうな…

だから、「躁状態」「鬱状態」に気づくように自分で感覚的に覚えたり、コントロールしたりできるように試行錯誤する。

おかげさまで、自分の体調の良し悪しを見抜いて行動できるようになりつつある。

ただ、病人であって完璧ではないからブログが書けなくなる時・急ぎの用事を抱えている時、体が言うことを聞いてくれないと本当にイライラする。

おまけにメンタルヘルスは「寛解」と言って治らない。ガンのように「とりあえず当分は大丈夫そうです」ぐらいの判断でしか治る・治らないの判断が下せないから「うつは心の風邪」なんてほざいた奴は「心の癌」に訂正してもらいたい次第だ。

自分で自分のことが説明できるようになったとしても、それはコントロールできるようになることでも・病気がなくなることでもなく、単に「理解してる」だけ。理不尽は続く。

…そんで、治ったとも治ってないとも言えないような…療養中とは言っても8月31日のような、あるいはサザエさん症候群のような時間が続く。

何を療養してるのかさえ時々わかんないし、これといって明確に効果が現れないから実感がない。休んでるはず、直してるはず…。でもその実感がない。

人からは「休める・治せるだからいいじゃない」と言われそうな贅沢な時間を送ってるはずだし、その自覚もあるのだが、一向にそのありがたみが見いだせない。

我ながら、最近の自分のテンションの不安定さにイライラして書いた。病んでる人はあるあるネタの1つとして、病んでない人は「世の中にそういう人もいる」という【かもしれない思考】の練習だと思って楽しんでくれたらいいよ。

…以上。(オチ考えずに書き始めたから、まとまってない。すまん)

史上最強カラー図解 臨床心理学のすべてがわかる本

最近、手にとったが、精神疾患の種類から治療法・関連資格や取得方法まで浅く広く網羅された良著だったので紹介しておく。

・関連記事

良くなってきてからの躁うつ病関連の悩み。健康にはなりつつあるが、体が社会に追いつかない。

療養中に大事になってくる体力作りの話。ストレッチ、腹筋、用事作りが大事!

躁状態で暴走してしまう人は意外と特別ではない。案外身近にいるかも…

tm2501 登録者

炭水化物が主食です

コメント

    あんこ好き

    (2013年10月17日 - 12:21 AM)

    初めてブログを拝見しました。
    お気持ち、良くわかります。私も9年前にうつと診断されてから良くなったり悪くなったりを繰り返しています。当然の如く仕事に就いても続くこともなく、現在もただ生きているだけです。
    医者からはうつだと診断されましたが、どうもここ数年、双極性なんじゃないかと思い出しています。調子の良い時期が数週間、悪い時期が1-2カ月な感じなんです。
    明後日、2週に一度の診察日です。
    双極性じゃないのか聞いてみようと思います。
    なんて書きつつ、今日も一日ムダに惰眠をむさぼるだけでした。
    少しでも波が落ち着けばいいですね。

    demodemodatte

    (2013年10月17日 - 12:26 AM)

    躁状態だけ続くってガソリンきれても無理やり走ってるようなもんですよね

    TM2501

    (2013年10月17日 - 1:15 AM)

    >あんこ好きさん
    いらっしゃいませ!
    日に日にイヤミで生意気になる常連客ばかりの場末のブログですがどうぞ楽しんでいってください。
    症状が時間を経て変化するケースもあるそうなので、そう感じた根拠と一緒に話してみるといいかもしれません。(ただし、すぐに診断が下りることは稀有だと思われますので、気長に検査を受ける根気は必要ですけどね)
    お互いに何をがんばるかさえわからない身の上ですが、めげないでやっていきましょう。

    TM2501

    (2013年10月17日 - 1:23 AM)

    id:demodemodatte
    そうですね。体はガソリンが切れているのですけど、不思議と走り続けてる感じです。
    車の例え話でつなぐなら「台風の中で駆け抜ける高速道路」みたいな感じです。スピード感もあってスリル満点なんだけど、いつ事故ってもおかしくない。そういう不安定さの上に絶好調があるんです。
    疲れてること・危ない感じはわかるのですけど、それでも駆け抜けてしまいます。自分でも恐ろしいことですが。

    あんこ好き

    (2013年10月17日 - 2:39 AM)

    早速のレスありがとうございます。
    検査ですか…また血を抜かれるのかなあ?それとも心理テスト的なものでしょうか?
    まあすんなり今までの診断が覆るとは思っていませんが、聞くだけ聞いてみます。
    私も以前ブログ書いてたことあるんですけど、ネタ切れ以前に書いてく気力が続かなかったり、パソコンからうまくup出来なかったり、いろいろ面倒くさくなって閉鎖してしまいました。
    調子が悪かろうがある程度のクオリティで文章を紡いでいき続けるあなたはすごいと思いました。
    また書いてみようか、なんて軽く考えていますが、続けられる自信もなく、踏ん切れないですね。どうしていけばいいのか、日々ぐるぐるまとめられず考えてしまいます。これも病態の一つなのかも知れないですけど。

    キリト

    (2013年10月17日 - 2:35 PM)

    初めてコメントします。
    非常に内容が気になって、ついつい書いてしまっています。
    というのも、私自信は健常者なのですが、私の友人が同じく躁鬱病で日々、もう20年以上苦しんでいます。
    一番の悩みは人間関係、友人や職場の方はもちろん、家族や奥さんまでもが友人とは付き合いきれず、疎遠となってしまっています。
    私が唯一残った友人のようです。
    かくいう私自身でさえ、病気だと分かっていても不安定な感情、常に回りが悪いという攻撃的かつ子供っぽい応対、反省の無い言動には辛くなることもあります。
    特に、躁鬱病として病院に通っていますが、大手企業に入って結婚もして子供もいて、近場ながらも小旅行にもよく行き、連日のようにかなり遊び歩いています。
    だからこそ、少なくとも回りからみれば「病気は単なる逃げ口上」にしか映らないため、皆離れていったんだと思います。
    私自身も離れるのは簡単ですが、長年付き合ってきた友人ですし、これ以上彼が孤立していくのはあまりに忍びないと思っています。
    友人はどのようにするのが良いのでしょうか?また回りの人間はどのように接するのが良いのでしょうか?
    よろしければ、お教え頂ければ幸いです。

    あんこ好き

    (2013年10月18日 - 10:43 AM)

    今朝受診して医師に双極性について話してみました。
    あっさりリーマス(200mg/1日)が処方されました。まあ難治性うつにも効果があるとかでとりあえず飲んでみましょうということになりました。ご報告まで。

    harkat1987

    (2013年10月20日 - 2:53 PM)

    人のブログのコメント欄で、噛みつくのもどーかと思うんですけど、、、
    キリト様、20そこそこの物書き旨いけど、専門家でもないたまたま躁鬱患っただけの人にそれ聞くんですか?
    まあブログ主様ならてきとーに当たり障りなく対応してくれそうだけど、私なら「しらねーよ」としか。
    むしろそれを貴方が勝手に勘違いして、やってみたけど上手くいかないどうしてくれる!みたいな感じになりそう。
    お目汚し失礼しました。

    はあwww

    (2014年4月7日 - 2:23 AM)

    生まれつきだから、病気だから仕方がない……そんな考え方がはびこっていやがる。不思議なものだ。生まれつき顔の造形が悪いもの、性格がひねくれているもの、運動能力が乏しいもの、これらの恵まれない者達にはなんの支援もない。努力不足だと切り捨てられる。当然だ。おかしいのは、頭もよく運動もでき、イケメンな奴が“耳が悪い“程度の障害で社会的な救済を受けることだ。ブサメンで運動神経がなく頭が悪く目が悪い奴はただのクズだと切り捨てられるのに。病気も同じだ。人間の脳内では常にたくさんの物質が分泌されている。精神病はある種負の脳内物質の分泌が原因だから仕方がない……本当にそうだろうか?僕自身も鬱病と診断された身だが、はっきりいって鬱病は甘えだ。どんな健常な人間であれ、絶望の淵に立たされることはある。違いは病院で病気だと診断されるか診断されないか、それだけだ。精神医学なんて大して発展しちゃいないのにな。病気だから仕方がないなんていってたって、何も変わりやしないんだ。一生前に進めないまま言い訳をし続けて生きるだけ。病気だろうがなんだろうが僕がクズであることに変わりはないのだから。僕は一人のうつ病患者として、社会的にうつ病を救済するような風潮は消えてほしい。どんな理由があれ、結果が残せない奴が優遇されるのはおかしい。僕のようなクズを診断書という免罪符で許してはならない。病気になった時点で負けなのだ。

    悠悠式++(FE浪人2年目)

    (2014年4月13日 - 6:54 PM)

    >はあwwwさん
    あくまで手助けするだけと自分が診療した病院は言ってたな。要は、辛ければ環境改善や
    生活習慣の改善など薦めてくる。末期段階は薬で制御しなきゃいけないが、私の場合は不登校期間中に色々自分を改造した(生活習慣や考えを変える。)実践。普通病名は答えないというのがそこの病院のモットーみたいです。私が●●の疑いは無いですかと聞いたら一丸に言えないとちゃんと診断してくれるようなところでした。症状を色々話した結果、気分障害(何かはまだ判断できないただし長期躁状態とのこと)。拒食症、強迫性障害、社会不安障害。とのことでした。病院の先生曰く略語で言っても問題はその人がどうあるかが個人的に解決することが大事です。だそうです。症状は軽くなってるといいました。
    薬は辛いときだけ処方してもらう形にしてもらってます。(抵抗があるのでまだ一度も貰ってません。)

    悠悠式++(FE浪人2年目)

    (2014年4月13日 - 7:11 PM)

    >追記
    心療内科曰く変わりたければ手助けはします。ということだったので、自主選択の自由がありますね。自分は今がものすごく気分も良いので本当に病気なのか?と思うぐらいですね。だから通院は今断ってます。様子がおかしくなったら親が連れてくるように言われてます。

    1型

    (2014年5月21日 - 5:26 AM)

    鬱は心の風邪なんて~の件に禿同。心の癌って表現ほんと適切。
    月並みだけど病気の辛さは当人にしか分かんないから、他人は理解求めるよりほっとこって思えた。 乙でした。

    あーゆん

    (2014年6月21日 - 8:27 PM)

    こんにちは。私は躁鬱病と診断されるまで10年近くかかりました。それまで色々な病気に通っていましたが、ほとんどがうつ病と診断され処方された薬も合わず、躁と鬱をずっと繰り返していました。それまでの生活は最悪でした。よく、言われますが買い物依存だとか。そんな事を繰り返していました。私も躁の時は3時間寝れば元気でした。今から思えば異常なほど動いていました。仕事もしていましたが、なかなか長続きはしませんでした。逆に鬱は主さんが言うように全く動けずにいて毎日暮らしていました。今、自分では寛解になっているような気がします。ここまでは、本当に長かったです。

    wsakusaku

    (2015年1月8日 - 11:17 PM)

    躁鬱の孤独感は、本人にしかわからない。やっかいな障害ですよね。私は子供の頃から躁鬱だったので、普通の状態がわからない日々が続きました。ここ数年で、やっと仕事を途切れずに続けてますが、なにせ対人スキルが低いし、自分のことしか見えないので、周りからすればほんとに困った人なんだろうな。

    言葉

    (2015年5月12日 - 1:33 PM)

    躁うつ病についてなんとなく調べていたら、たまたまお見かけしました。他の記事も拝読しましたが、とても興味深いお話を色々と書かれてらっしゃいますね。
    私は他の病気もごった煮になっています。申請書類に書ける診断名は一つなので「統合失調感情障害」ですが、統合失調症と双極性障害が軸です。普段は周りに病人とは気づかれません。鬱で死にたくなっても誰にも頼れない話せない、話しても解ってもらえないか離れてしまう。と思ってなかなか辛いものです。
    今は休職中ですが「いつになったら働けるでしょうか?」と気いても「もう暫く様子をみましょう」と言われてしまい、理解ある友人にも今(オン)は良くてもオフになって動けんの?と聞かれ黙りこんでしまいました。所謂ラピッドサイクラーなので厄介です。お互い良くなればいいなと思いました。
    駄文失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です