一年かけて治していても、やっぱり一週間動けない時があるから躁鬱病は恐ろしい

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

ネタを考える気力がないので、ここ一週間ぐらいの自分の生活についてごくありのままま語ることにした。

うつ病に対して治療を重ねてもうすぐ1年が経過しようとしているようなときでも酷いうつに悩まされるとこういう風になる…という辛さをわかってもらえると幸いだ。

うつは甘え…ふ~ん

うつ病になってからというもの暇でかつ、コミュニケーションを身近に取れることが無いためブログ・Twitterに自分の体調のことをちくいち報告しているため知っている人も多いかもしれないが…ここ一週間ぐらいの体調は最悪だ。

先週の金曜日以降が特にひどくて、一日の大半を寝てた日が5日連続で続いた。1日16時間とか平気で寝てた日もあった。家事をやるバイタリティもないし、その前まで取り組んでいた筋トレなども凍結して、寝れるだけ寝た。

本でも、ネットの画面でも、音楽でも、とにかく頭にズキズキ響くものは全部受け付けなかった。

爆睡して、お腹が空いて、自分がやりたい事はできなくて「1年も治してたはずなのにこれかよ!ダメ人間だわ!!」とすごく凹んだ。

2,3週間前は体調が良くて、家事も筋トレもブログも全部それなりのペースで回して「やっと健康に生活できるのペースが整ってきた」と思っていた矢先に、酷い日には1日16時間…それこそ、赤ん坊並みの量を寝込むとは考えもしなかった。

もちろん、躁・鬱の波は躁鬱病なのであったけど、5日間ずっと寝て起きてご飯食べて、ご飯買いに行って…以外にほとんど何もできない日々が続くとは思わなかった。最悪の時に比べると「波を小さくして回復に向かっていた時期」なのでとても凹んだ。

一応、毎日ブログを更新する体制だけは守ったけど…それだって、うつ病に疾患してからしょっちゅう感じている自信喪失を感じたくないから必死に守っただけ。

本当に意地だけ。ブログの出し方としては健康な時からすれば、雑極まりない。

始めの方にうつ病になってから「暇」だと書いたけど…厳密には「うつ病のムラが激しいから体調がアップ・ダウンが予測できず、先立った予定を入れにくい」というのが真相だ。

体調がいい時には健常者と変わらないぐらいに動けるようになってきてはいるものの…やっぱりいつ体調を崩すかわからない。

自分だけが困るならいいのだが、仕事や共同作業が伴うと周りに迷惑をかけることにもなるため…自分自身の体力面以外にも、チームプレイを請負う責任が担えないことも躁鬱病の復帰の難しさの1つだ。

自分がブログを最近になって毎日更新しているのは1つの義務感を自分の中で持つため。体調が良くても悪くても「これだけはやろう」と言う気持ちがないと結局はどんな仕事にも復帰できない。

それどころか、ある時期ずっと引きこもっていたせいで自分自身で「体力をつける」「できるときには頑張る」という意識がないと社会復帰なんかできない。社会復帰する気がないとしても、それこそ何もできない自分がただただぼんやりしている時間は憂鬱にして無力極まりない。

「うつ病で休めるのがうらやましい」「休養中と言ってるけど結局は無職じゃないか」前者はネット上でよく見かけるし、後者は僕にしつこく罵ってくる奴が実在する。…が、言うほど良いご身分でもないぞ?

休む環境さえあっても、好きで休んでるわけではないし、好きで体力から頭の回転まで積み上げたものを失ってるわけでもないし…「休む」ことに喜びを感じるのは「休んだ後に活躍する場所がある人」と「休むことを選択した上で休んでいる人」だけだ。終わりのない休みなんて怠惰だし、強いられた休みなんか孤独だ!

好きでもなく、怠惰だと言われ、怠惰だと自覚するような生活しかできなくなった体とは本当に悲しさ以外何もないよ!

ここ1週間の自分は完全にそれだね。筋トレもしたい、家事もしたい、勉強・読書もしたい…朝から晩まで忙しく駆けまわりたい…という欲求不満をまだ明るい外を眺めながら過ごしている人間の気持ちがわかるか?

それも、風邪とか骨折みたいに人に説明できるものじゃなくて、自分でも実態がよく判明しないような病気でさ!

八つ当たりでも何でもない。ただ「病んでるなりに必死にやってるし、情けないなりに必死に生きてるんだから、理解しなくてもいいから起き上がろうと必死の人間をひっぱたくようなマネはしてくれるな」と言いたくて書かせてもらいました。

また、頭が冴えてきたらもうちょっと読みやすくてまともなものを書きますので、今日はこんな付け焼き刃の記事ですが、お許し下さいm(__)m

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

tm2501 登録者

炭水化物が主食です

コメント

    plagmaticjam

    (2014年2月27日 - 1:26 AM)

    以前からずっと読ませていただいています
    自分は自律神経失調症でパニック障害とひどい時は摂食障害を併発して外を出歩くとひどいめまいなどに悩まされることがたびたびあります
    以前の記事でうつ病は心の風邪ではない、癌だと仰っていたのにひどく共感してしまいました、自分はうつではないのですがやる気はあるのに動けないつらさがもどかしく日々を生きています
    仕事のほうは昔とった杵柄の翻訳と投資、パチンコでなんとかしているのですが境遇を受け入れるのには苦労しました、呪いすらすることもありました
    理解されえないというのは病気そのものよりもつらいことかもしれないです
    またお邪魔します

    C-satoshi

    (2014年2月28日 - 12:44 AM)

     私はうつ病ではないので戯言なのかもしれないのですが…、
     もう、躁鬱という状態があるとこを異常・欠陥としてとらえず、健常・個性としてとらえようとしてみてはどうですか?人の取り巻く内外の状況なんて人生の中で変わっていくし、躁鬱である今があなたの「普通」であると思ってはいかがでしょうか?僕の知り合いに躁鬱の人がいますが、自分はそういう人間だと思ってる人は割と楽しそうに生きてますし、治そうとしている人は苦しそうですよ。
    >チームプレイを請負う責任が担えないことも躁鬱病の復帰の難しさ
    これからの自分はチームプレイが苦手として、これが避けられるような方向性で仕事を考える。
    >怠惰だと言われ
    >情けないなりに必死に生きてる
    怠惰と言ったり、情けないと思う奴がいたらそいつは自分とは合わない人間。しょうがないのでそういう奴は遠くにやる。
    >朝から晩まで忙しく駆けまわりたい
    新しい変化を迎えたあなたはもはやそういうことが向いていないのです。
    昔の自分に囚われる必要はなく、人は変わるし、それに良い悪いもないのです。「正」という漢字は数を数えるだけに使えばいい。
     余計な事だったらすいません。

    TM2501

    (2014年2月28日 - 11:47 PM)

    id:plagmaticjam
    おお!随分前からですね。ありがとうございます。
    自分だけが辛い・ペースで動けないならまだマシなのですが、これで人に迷惑をかけたり、理解のない人から罵られたり…と人間関係に困る(しかも自分の力で改善できない)と言うのは本当に辛いものがあります。
    僕自身がその悩みを打ち明けることで、うちのブログが少しでもはけ口や理解する人を増やす場所になれたら…と思います

    TM2501

    (2014年2月28日 - 11:49 PM)

    C-satoshi
    理屈は分かりますし、こころがけてはいるのですが、そういうふうに変わってしまった自分の姿が自分でも想像がつかない(人にも説明ができない)から、「そんなので生きていけるのか?」という不安はあります。
    変わってしまった自分や、変わりきれない自分、未だに時々残る過去のアグレッシブな自分の3者に板挟みにされて消化しきれないのが、うつ病が時間のかかるゆえんではないかと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です