僕が「ゆるい就職」を許せない理由

 

※この記事は怨念成分が多めなので、用法用量を守ってお楽しみ下さい。

親が死んだら手取り13万でどうやって生きてく気?

f:id:TM2501:20150801005253j:plain*1

このニュースをみた。

ゆるい就職:若者が正社員で働くのは「負け」 慶大助教が提案 ゆるい就職:若者が正社員で働くのは「負け」 慶大助教が提案 - 毎日新聞

ゆるい就職とは「派遣として時間きっちり(週4回休み)週3回は働いて、社会保険なしの手取り13万円でやりくりするライフスタイル」を指す。

提案者はニート株式会社の会長でも有名な若新雄純氏だが…納得できない。

確かに、実家暮らしなら緩めのフリーターでもやって行ける。

実例として、作家の石田衣良さんは親が死ぬまではフリーターだったらしい。(が、母の他界をきっかけに就職を決意し、広告代理店→フリーのコピーライター→作家という道を歩んだ)

フリーターを否定する気はない。都心部であれば、バイトを掛け持ちするか、時給が高い仕事をすれば、サービス残業だらけの正社員よりは羽振りがいい人はいる。

「正社員の方がいい」派はあくまで「権利も保険も全部が守られる企業」に限った話。(そして、守られてないところがなんと多いか…)

だが、「ゆるい就職」はダメだ!

都心の実家暮らしで、なおかつ将来に向けて週4日の休暇を使えるような人でない限り、絶対にダメ!

12万・13万じゃ、家賃払って生活費捻出したらほとんど何も残らないから一人で自活する選択肢も、人と交流も趣味に使う事のもほぼ無理!

だから、ずっと続けていける生活でもないから、「ゆるい就職」をするならその後の人生をどう生きていくか考えた準備が絶対に必要!

安定する必要はないが、生きていくのに「最低限度の生活を営む」にもお金が必要。それがギリギリになると心身ともに疲弊して壊れてしまう。四六時中カネのことばかり考えている人になってしまう。

だから、難しいのは「将来にむけて」の準備。「ゆるい就職」の最中にお金になる必要はない。しかし、何かしらの貯金になる技術や勉強、趣味や人脈を自分で積み上げていく意思と継続ができるのか?

派遣はバイト以上にキャリアが積み上がらず、また手に職がつくようなこともない。加えて、ガッツリ系のフリーターと違ってお金もないからできる勉強・趣味・人付き合いは限られてくる。

実家暮らしでもフルに給料を使える・戦略的に使える人ばかりではなかろう…。

だから、はっきりと言いたい!お金がないことは「現在と将来を制約されてる」ことだと、もっと重く受け止めた方がいい!その時だけでもちゃんと自活できないスタイル・実在しないロールモデルを無責任に推奨すべきじゃないよ!

自分から将来を制約になる選択することにもっと慎重になった方がいいんじゃないか?一生実家暮らしで独り身で、特に異性や趣味の友達とも交際しないならわかるが、それは無理だ。

金銭欲の否定は現実問題としては娯楽や交際、コミュニケーションや性欲・好奇心を否定した生き方だと重く考えたほうがいいのではないか?

まして、慶応の学者が安全圏から耳障りのいいことを好き勝手言うことに踊らされないほうがいいのでは?

自分が実践する気もない・失敗しても自分は困らない。学者としては「いいデータがとれた」で済むどっちに転んでも自分だけは得する自己満足に巻き込まれないようにした方がいいのでは?

イケダハヤトはギリセーフ、若新雄純は万死に値する!

別に、ノマドでも社畜でも「稼いで自活できるモデルを人に推奨する」方がまだマシ。

厚生年金/社会保険が・世間の目がと言う人がいるが、イマドキ全部が得られる仕事がどれだけあるか…。

だから、僕は色んな働き方を提唱する人がいることを、消極的に賛成して「少なくとも実践してる本人を0.01%程度の人には正解かもしれない」と見るようにしている。

若新雄純氏には大きく欠けているが、堀江貴文さんやイケダハヤトさんにはその0.01%のための話をしてる。稼ぐ方でも、かかるコスト(始めるためのハードルやしんどかった話)もちゃんと語ってる分だけ僕は評価したい。

真似する必要はないが、見聞を広げたり、参考にする程度に「自分の人生の選択肢は母親と先生が宗教のように信仰しているイメージだけはクリーンな大手企業に入る幸せ意外にあんなのも、こんなのもあるんだ。」という視点は必要なんだ!

特に、先生や親の言うとおりに生きようとしても生きられず、躁うつ病になり果てた後に発達障害持ちで「自分の人生を自分とは相性が最悪な方へレールをしかれていたことに気づけなかった」僕のような人間には「自分を別の視野から見るための材料」が必要だ!

発達障害でなくとも、東大行くために教科書を7回読むことができないから負け組呼ばわりされる人、ワタミで1週間鼻血出して働けないからダメだと言われてる人もこの世にはいっぱいいる!

イケダハヤトさんにかぎらず、ネットには変わったライフスタイルや自分が実践したことを書いてる人がいて、その事について僕は基本的には応援したい。レール以外の方向で行き方を見つけた人の暴露話や立志伝には常に勇気づけられてる。

でも、若新雄純!お前のそれは認めないよ!

それじゃ誰も生きて行けない。ニート株式会社もしかり、ゆるい就職もしかり自分の思いつきとアリもしない悪魔の囁きで自分だけが得をすることをしてる。

金銭・生活モデルとして弱者や怠惰な人を、自分が面倒見切れない・見る気も感じられない量の人を、騙しに行ってるから「詐欺」に近い。

詐欺とまでは言わないが、生きていけない・問題を先送りしてるだけのモデルには恐ろしさを覚えるものだ。

本当に「ゆるい就職」 なるものを実現したかったら、それなりの技術を付ける必要があると思うからね…。一度はどっかしらで働くべきだと思う。特に手に色つくような仕事場で!

・関連記事

若者の労働問題つながり。いい子で学もついた現代っ子の方がむしろ失業率が高い

ゆるい就職は生活の現状維持はできるが、転居や旅行の自由はかなり無くなるだろうね

やりがい搾取もどうかと思うが、本当にこの2択しかないのかが疑問でしょうがない。

tm2501 登録者

炭水化物が主食です

コメント

    あんのん

    (2014年9月26日 - 8:46 AM)

    意図的に視野を狭めた元記事だと思います。正社員も含めて、生き方にはたくさん選択肢があるほうが良いに決まっています。ホリエモンもイケダハヤトさんも、何千万の同じ志を持った人の中から頭が突き出しただけで、その生き方ができずにドロップアウトした人がいっぱいいるはずですから。

    通りすがり

    (2014年9月26日 - 2:41 PM)

    あなたみたいな考え方の人がいるから、落ちこぼれがたくさんできるんだと思います。とても、残念です。

    wasurenagusadayo

    (2014年9月26日 - 3:24 PM)

    今の派遣は社会保険も完全完備されていて、
    客先にがんじがらめに、雇用されるから、
    正社員より年収はかなりいいのが、現実。
    派遣法が改善されて一年たてば、客先の正規雇用になれるわけだから、派遣も捨てたもんじゃないと思う。また、アルバイトしかできないのも、様々な、事情を抱えて苦しんでいる訳で、本人からみたら、
    この苦しい実態を乗り越えたくても、不可能だと言う訴えが、人生らくらくの事業所に殺到して、解決策がない状況です。もし、よろしければ、司法書士の資格を取得して、NPOに加盟してみる気はありませんか?今の私には、行政書士の資格しかありません。しかも、正規雇用で、掛け持ちしているため、
    一人で立ち上がるにには、時間的にも不可能です。
    一人でも多くの人が加盟して立ち上がって欲しいものです。

    chinohateyo

    (2014年9月26日 - 5:18 PM)

    大量に失業者がでるよりましだと思うな。
    怠け者が流行っている時代だし、
    NPOに加盟したって、無駄だと思う。
    バイトしている人のなかで、必死に這い上がろうとしている人はわずか。そういう人間に育てた、
    今の高齢者に問題があるような気がする。
    自分は、そんな、骨折り損のくたびれ儲けはしない主義。バイトもいいが、税金はきっちり払え!!

    kayoyoyo2

    (2014年9月26日 - 6:30 PM)

    とても理解できる話でした。
    私は、ゆるい就職もありだとは個人的には思いますが、月12、13万は確かに厳しいとも思います。自分次第でしょうね。これは。
    ダブルワーク、トリプルワークになるリスクがあります。ただ、一時的にこの働き方をして起業準備するとかならぜんぜんありだし、この期間を将来の投資期間にするのであれば賛成です。

    denkiiruka

    (2014年9月26日 - 6:43 PM)

    結局、「余計なお世話」な記事にしかなってない。あなたの言う生き方が何故、正解なのか?それが伝わらない。あなたがそう思うなら、あなたはそういう「緩い生き方」をしなければ良いだけです。人の生き方にまで首を突っ込む必要があるのですか?自分の価値観=絶対という典型例な気がしてしまいます。

    名無し

    (2014年9月26日 - 8:28 PM)

    ちなみに、ゆるい就職で求められている人材は、記事によると
    「新卒者と同等レベル、つまり一流大卒で高校で生徒会長をやるくらいリーダーシップがあり、コミュニケーション能力が高く、人当たりも良く、企業文化になじめる人」。
    IT企業「イノベーション」談。
    です。

    通りすがりその2

    (2014年9月26日 - 10:00 PM)

    文章をお書きになるなら、正しい表現で。
    ✕「耳障りのいい」
    ◯「耳当たりのいい、聞こえのいい」

    eightxota

    (2014年9月27日 - 2:17 AM)

    「金銭欲の否定は現実問題としては娯楽や交際、コミュニケーションや性欲・好奇心を否定した生き方だ」に深く頷きました。お金以外の幸せを知ることは大事だけど、追求し過ぎるのは、社会の既得権益や上流層の思う壺な気もします。普通の学生が金銭を求めなくなれば、下からの突き上げを心配することなく、自分の子どもに同じ人生を歩ませる。階級の固定化になりかねない

    mitazo

    (2014年9月27日 - 7:42 AM)

    自分は正規雇用で引かれるものもでかいし、
    家のローン、車のローン、子供の養育費に
    かかりまくって、手取りで10万もない。
    親の援助もあるどころか、こっちが、面倒を見るはめになっている。正社員だっておんなじようなもんだな~。いや、バイト以下の生活水準だうちは……

    匿名

    (2014年9月27日 - 9:12 AM)

    少数にでも価値があるだけいいよ。
    ライフスタイルは多様化してるんだし、多数に当てはまるケースはなかなかつまらない世の中になるでしょう。

    さらにゆるい労働者

    (2014年9月27日 - 4:25 PM)

    手取り月12万、家賃3万で、東京暮らし。そのかわり週五日、1日2時間しか働いてない人間です。
    食事はオール外食、夜は2000円くらい毎日使っている。それでも半年で50万くらい貯まってるし、仕事自体が趣味の延長みたいなものだから気楽にやっています。
    この10年くらい、いつも今が一番幸せだな、と思ってるし、ずっとこんな風に生きていければいいと思っている。
    1日8時間働いても給料は今の4倍になる訳じゃないし、そもそも今、特にほしいものがないから貯金が増えているのだから、これ以上働くのは時間の無駄かな。
    私以外にもけっこうこういう人はいると思うし、そもそも賃金と拘束時間の比例のグラフはただのグラデーション、全部同じものの濃淡でしかないので、許すも許さないもないんじゃないのかな。
    許さなかったら無くなるものでもないし、許す権利がだれかに有るものでもないしね。

    arrow1953

    (2014年9月28日 - 1:45 PM)

    どんな生き方もアリだけど提唱するのがニート株式会社の会長でもある若新雄純・・・ニート株式会社自体が活動休止になっているのであまり説得力ないっていうのが本音

    arrow1953

    (2014年9月28日 - 2:50 PM)

    これ自分でニート株式会社のブログを書いてて思ったんですけれど「ゆるい就職」って勤務形態のことなのかそれとも業務内容のことかをないまぜにしそうな定義じゃありません?

    TM2501

    (2014年9月29日 - 1:20 AM)

    私もそう思います。ごちゃまぜになって悪用されそうな定義だと思います。
    もっと論理的かつ細分化・明文化を経た定義でないから信用もできないし、胡散臭く見えてしまうところもありそうです

    いーの

    (2014年9月30日 - 8:13 PM)

    結局、なにかをやり切れる人は週5日勤務でもやりきるし脱サラ起業でもやりきります。私だっで仕事をしながら大学にいったんだ。若いうちは多少の無理もきく。よほど自制心があってスキルを磨く覚悟が無いとかならず失敗に陥る生き方だとおもうよ?「ゆるい就職」は。。。若新雄純が無責任な人体実験をしているのは同感です。

    nanamino

    (2014年10月14日 - 8:20 AM)

    業務内容というか精神面での「ゆるい就職」だったらよかったんですけどね。お客様は神様精神を否定するとか、だらけた姿勢で接客してもいいとか、敬語が完璧に使えなくてもいいとか。

    リンデ

    (2014年10月30日 - 9:09 AM)

    こういう働き方に対して今が楽しければいい、と言い切る人がいるけど、危なっかしいとしか思えないんだよなぁ
    ゆるい働き方だってあってもいいけどデメリットを無視するのは危険だし、
    ましてや働き方を提案する側が理想面ばかり語るのは明らかに無責任でしょ。

    mitazo

    (2014年10月31日 - 11:55 AM)

    人それぞれの働き方だから自分は文句言える権限はないけど、緩い就職だろうと、正規雇用だろうとデメリットしかないのが現代企業。物が売れにくくなってきたあげくクレーム産業。現状の売り上げキープがぎりぎりだから、むしろ正規労働者のほうがリスクが重くなってきている。希望する職業につきたくてもつけない人の方が多いこの時代もはやどうしてあげることもできないのでは?

    通りすがり

    (2014年11月6日 - 4:55 PM)

    あくまで話題や場を提供してるだけに見えるし悪魔の囁きでもなんでもないと思いますね
    選ぶのは自身なので。
    大学中退してずっとニート(フリーター)やってきてて社員になれそうにもないので興味ありますね
    なにせこのままだと飢え死ぬのは自分なので。
    当たり前の道を歩んできた人ばかりではないんですよ世の中

    sesaru555

    (2016年10月29日 - 10:20 PM)

    手取り13万円もあれば十分です。
    いざとなれば、居候に住み込みバイト。
    ネットビジネスに選択肢はたくさんですから。
    結局は楽しく生きられれば◎。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です