「世代間格差がいかに若者のやる気を奪うか」を5枚の図で説明する!

 

厚労省が出した年金マンガが不正確な説明をしていた。
厚労省が出した年金マンガが予想以上にひどいと話題に

で、マンガ表現への反論はブロガーの記事がわかりやすい。
厚労省の年金漫画が色々ひどかった 

僕は何をやるかというと厚労省がマンガの中で間違った説明をしていた「世代間格差」についてだ。

世代間格差とはなんぞ?(経済編)

4枚の画像を見せながら話を進めていく。

まず、1枚目。*1

f:id:TM2501:20150114185901g:plain

年代別個人金融資産残高比率…つまり、「どの世代がカネを貯めてるか」というグラフだ。

あたりまえだが、若者は少なく老人がいっぱいカネを持ってる。何しろ若者は働いた時間が短く、若い人は自分にもモノにも投資しないといけない。貯金などない。

ただし、差が大きすぎる!日本の資産の6割を60代以上、8割を50代以上がもってる!やれ「年金で養え」「貧しい高齢者の負担を増やすな」とわめいてるが、単純な資産(カネで解決する力)だけで言えば、現役世代…特に若者こそが弱者なのだ!

ただ、資産のグラフだけでは「仕事してお金を貯めれば、僕らも年を取れば、お金が貯められるんじゃね?」と考える人がいるが…そんな人にはこのグラフを見て欲しい!*2

f:id:TM2501:20150114191228g:plain

サラリーマンの平均年収は、10年以上右肩下がりだった。最近はアベノミクスの効果か、少し上向きにだが…それでも現役世代の給料は下がっている。

しかも、平均年収が上がっても格差が開き、それは改善のめどが立ってない!元々の給料が少ない若者など悲惨としか言いようがない!

次の図も見てもらおう。*3

f:id:TM2501:20150114191843g:plain

低所得者はここ十年ほぼずっと増えて続けてる。賃金が低い人はずっと低いまま上がらず、溝が開いている

景気が良い頃に技術をつけたり、資産を貯められた50代以上とは違う。

景気が悪くなった後で就職した世代は給料が全体で見たら下がり気味。個人で見ると凍結された状態で低いままだ。(非正規だとさらに給料が伸びにくくなる)

とてもじゃないが、地道にコツコツ働いてもバブルを経験した50代以上と同じ金額を貯めることはできない。少なくとも自力で貯められる金額は投資や起業などのウルトラCでもやらない限り、上の世代より貯めることはできない。

上の世代? …勘の良い人は気づいたかもしれない。

「ヤツラの方が寿命だけは短い。だから、相続すれば、今はともかく高齢者になったら豊かになれる」と思ったあなた!

僕は嫌いじゃないよ(笑)でも、ちょっと楽観的過ぎ。

僕でも思いつくことを政治家や財務省の僕より(建前上)頭がいい事になってるヤツらが見逃すわけないじゃないか!

相続税、「自宅・現金各5000万円」は要注意 

実は菅直人政権時代、当時問題になってた震災対応もろくにしないで、こんな相続税制の改悪をやらかしてる。

f:id:TM2501:20150114193123p:plain

もし5000万円ぐらいの資産を後世に残せそうな年配者が身寄りにいたり、もしくはそれに近いため少しでも法律が厳しくなると相続税を払わないといけなくなる人は生前に分けてもらえるようにかけあっておいた方がいいかもしれない…。

また、これからも相続税は上げられていくと予想される。

しかし、高齢者は使わないで「転ばぬ先の杖」として貯金したまま亡くなってしまう。だから、高齢者相手なら消費でも所得でもなく、相続や資産に対して税金とった方が効率がいい…人からカネをふんだくることにだけは頭を使う役人がそんなこと考えつかないわけがないから、相続はますます金額が減る。

自力で貯めるのが難しく、相続も望みが薄れつつある今、40歳以下のお金を持ってない世代はこれからもずっとお金を持てない状態が続くだろう。

ここ数年ここ10年に渡る政治・経済の動向を踏まえると「今の若者はお金には恵まれてない世代だ」であることをわかってほしい。

…が、この中で1つ、経済理論の中では少し変わった言説をした。

それは「相続税を取られる方が若者にお金が行かない」と言うもの。

一般には「税金を取ることで国が所得を再分配して、格差は和らぐ」「国による公共投資や福祉は所得が多い人のほうがたくさん負担する」と言われている。

ところが、世代間格差の場合はそうも言えない。

なぜなら、世代間格差の中でも政治的な格差は経済の格差よりもずっと酷いからだ!

肝心なのはむしろ、政治の世代間格差です!

さっきまでは「経済の世代間格差」について書いたが、正直これは個人レベルでなら解決できないわけでもない。

「若者が貧乏だ」「これから稼げる望みも薄い」と書いたが、これは実家で暮らして、昔の人が買っていた大きな投資(自家用車・マイホームなど)を避け、結婚もしなければ…30とか40過ぎたら今の年配者顔負けにお金は貯められるだろう。

国は「女は働きながら子ども産め!」と言うが、ちっとも豊かにしてくれない国の言うことなど聞く義理はない。モノや結婚などの世間体を一切無視して、自分が豊かに過ごす生き方を追求すればいいし、実際そうしてる人が多いから問題になってる。

異論はあるかもしれない。だが、やり方次第では金銭問題は個人で解決できるのは確かだ。先細りな時代ではあるが、働き方・暮らし方次第ではどうにかなる。

だが、絶対に個人で解決できないのは「政治の問題」だ。

ここでも図解するのが早い。*4

f:id:TM2501:20150114200642g:plain

一番多い世代と一番少ない有権者世代の人口の差は倍近い人口がいる。

有権者でなくても良いなら本当に倍の人口がいる。

選挙は老いも若きも一人一票だ。だから、この差だけはひっくり返しようがない。

経済の問題では家族や個人の努力次第で世代間格差は克服できた。だが、選挙はそうも行かない。官僚も政治家も高齢者有利な政策、高齢者に向けた選挙をし、若者の負担が増えることについて無頓着になる。

シルバー民主主義と呼ばれる現象だ!

ただでさえ、時代感覚がズレて新しい情報や流行に疎くなっている政治家・官僚が、時代の変化に疎い人に合わせた政策や弁論ばかりするため、政策の弊害を受けやすい現役の世代よりもむしろ、もうすぐ引退・もしくはもう引退した世代ばかりが手厚くなって貧困の救済も世界規模の経済競争も政治が後手に回る!

悪意のある言い方をすれば、政治家も投票者も高齢ゆえ未来など考えずに無責任なこと・自分たちがいい思いをする方に投票や公約が働いていく。

実際、「人の金なんだから食い散らかしてやれ」「引退して逃げちまえば、かまへんかまへん」としか考えてないほど身勝手な事件を起こした政治家や役人は実在する。

全部がそうとは言わない。だが、これからのことを考えなくても生きていけるアガリを決めた連中が10年・20年先のことを考えて投票や政治を本気でしているのか?

「資産の世代間格差」はある程度仕方ない。

でも、政治が本気にならないという弊害は変えようもない。若者がみんな選挙に行っても高齢者のほうがまだまだ多い国に住んでるのだから、これはもう若者個人・あるいは問題意識を共有する現役世代の力では変えようがない。

10年とか、20年とか…ヘタしたらもっと先までこの国の政治は3流で、時代感覚を持とうともしないで、高齢者の方ばかり見て、若者や女性の支援が遅れていることに無自覚なまま戦前のような「産めよ増やせよ」と、バブルのような「若者は金を使え」を強要する時代が続く。

政策が遅れたままひたすら化石のような価値観を強要する政治が続く!

僕が書いた記事もネット=ヤフーだと思ってる老人は絶対読まない!だから、知る由もないまま「最近の若者は元気が無い。ワシラの頃は」とか言い続ける。

これでやる気を奪われるなという方が無理がある。

もちろん、自由な資本主義国家なのだからチャンスは常にある。でも、負担感や閉塞感は個人の力でも周りの人と力を合わせても変えられない時代を生きていくとしたらこれほど憂鬱なことはないさ!

ネットでは議論されてるのに、メディアでは議論されてないことを知るには「日本の政治権力の息がかかってない情報環境に自分がシフトしていく」のも手だね

 

・関連記事

なぜ「やりがい搾取」は起こり続けるのか? 
「高齢者が疎そうな価値観」つながり。これも構造的な欠陥が大きい

病んでから問題にするなよ!病むような「構造的欠陥」に対策しろよ!
「高齢者が疎そうな価値観」つながり。精神疾患のケアはものすごく薄い!

要は報われたいだけですよ! 
格差が大きくなった社会では「報われたい」という願望すら贅沢になるんだよね…

 

tm2501 登録者

炭水化物が主食です

コメント

    rurn

    (2015年1月15日 - 7:43 AM)

    政治家への失望や、高齢者の「若者への理解の無さ」への苛立ちも分かる。共感できる。
    でも、昔は上下左右の人との繋がりが濃かった。その分自分を犠牲にして周りの為に頑張る人たちも、全員ではないが少なくとも今より格段に多かったはず。
    ご先祖や親、その他周りの人付き合いを大事にしない人たちが、上の恩恵を受けようとするのは筋違い。
    自分たちが歩み寄る努力もすべき。お金や時間が難しい状況なら、繋がる最低限の行動と気持ちだけでもできるはず。
    それをしてる人がはじめて、文句を言ってもいいと思う。

    yamda

    (2015年1月15日 - 11:12 PM)

    正確なところはわからないけど、「上下左右との繋がりが濃かった」ことは事実かもしれない。ただ、「自分を犠牲にして周りの為に頑張る人」が多かったかどうかは2つの観点で疑問。まず第一にこの主張に客観的な根拠はない。昔の日本が好景気で裕福だったのなら、若者は「自分を犠牲にして」いたのか?100円の寄付でも億万長者と貧乏人では重みが違う。第二の疑問点は主張の前提について。若者が「自分を犠牲」にすることは社会にとって必要なのか?私は両親に大変世話になっているが、感謝は次の世代に回せと教えられている。ruruのいう「上」には受け継いだ者の義務があると思う。若い頃「犠牲」になったと感じている人に求めることは酷かもしれないが、少なくとも私は下の世代を「犠牲」にするつもりはないよ。

    匿名さん

    (2015年1月16日 - 12:32 AM)

    先のコメントに対して二言三言。
    >昔は上下左右の人との繋がりが濃かった
    下の人とのつながりが濃かったのなら、当時のその人たちは今何をやっていますでしょうか?下の人たちとの繋がりはいつ途切れてしまったのでしょう?
    実際に、その当人達を現在進行形で見ている若者が繋がりを重視したいと思えないのも詮無いかと。利害関係を度外視した信用、信頼関係にも限度がある事を理解しなければ話は進まないでしょう。
    >お金や時間が難しい状況なら、繋がる最低限の行動と気持ちだけでもできるはず。
    悲しいかな、此れも抑圧されていると感じます。賃金や余暇時間の使用、福利厚生の充実も不満足という現状であるのは理解なさっているようですが、余裕がない状況で人がそれらを是正する行動を起こすとなれば、最早そのような悠長な案を候補とするでしょうか?
    さらに親族間の繋がりを断つが如き核家族の形態を促進する経済及び政治を推し進めた結果、現在の有り様となっているわけです。
    ここまでで、意地汚い反論ばかりに思われるかも知れませんが、人付き合いや、対話に勝る解決策は無いでしょう。結局のところ、各々の世代のみでは何もできないのですから。

    kz

    (2015年1月16日 - 1:31 AM)

    意外とrurn氏のような発想をする若者も多いんじゃないかな
    出る杭を打つのは老人の仕事のはずだったのに、若者同士が足の取り合いしてる
    世代間格差も問題だけど、50代以上の相対的貧困層も母数の差こそあれ相当数いる
    若者vs老人というより、貧乏人vs金持ちという見方はどうなんだろう?

    老人Z

    (2015年1月16日 - 10:36 AM)

    老人の貧困層は相当数います。ためてる人はどんどんためて、ためてない人はほんとに生活保護です。
    ためてる人も有効に投資なりなんなりしてくれていればいいのですが実際はただためてるだけです。リスクなんて取りもしない金がたまってることの弊害はこの国の最大のリスクだと思います。
    あと選挙の格差はいまだに倍どころじゃなくあって若者が集中する都市部では特に票が軽んじられてます。
    一番問題なのは自分たちの存在が重荷でしかないことを気が付いていないことです。
    私は下の世代を犠牲にする気はない
    (でも年金減額も国保増額もまかりならん)
    こういう人間ばかりならそりゃあ成長なんてしないでしょう。

    匿名

    (2015年2月19日 - 3:55 AM)

    あまりにも救いのない終わり方。
    ここまで言っておいて対案を述べないなんて…。
    有権者の数で日本の未来が決まってしまうなら政権交代なんておきないでしょ。
    若者が本気で立ち上がれば政治だって経済だって動かせることは歴史が証明しているでしょ。
    できないと思ってたら一生できないよ。

    muramasa

    (2015年2月22日 - 1:44 PM)

    「企業」の視点で見ると
    必要な物が簡単に揃うようになったから、仕事が無くなり
    仕事は無くなっても人数が減るわけじゃないから、給料は薄くなり
    薄くなった給料も年功序列で額が決まるため、若者の取り分は減っていく
    減算を繰り返した結果が若者の取り分になるシステム
    「政治」の視点で見ると
    まずは自分たちの立場や生活を考えた、政治家向けの政治
    (「子供」というキーワードを使った政治案はコレ)
    次に政治家にとって票のメリットの大きい、高齢者向けの政治
    余裕があれば若者の活動が活発になる、若者向けの政治
    (誰も若者の「生活向上」とは言っていない「活動量の向上」)
    減算を繰り返した結果が若者のためになるシステム
    これらは元々「人口が増える」前提でうまくいくシステムだが、
    寿命は延び、子供が減ったため前提が崩壊している。
    まぁ、これを考えた世代が「戦後日本を立て直すには人口を増やさねば」
    ってことを願っていた世代だから、それを悪くは思わないけどさ
    問題なのは、気付いた上で「自分に得なんだから(自分も大変!)」
    と放置している今の高齢者世代なんだと思う
    既存システムのままでいくなら、パイを増やす行動をしなきゃならないが
    じゃぁ伸びしろ(需要)をどう増やすかが問題で
    システムを変えるなら、高齢者が現状より不利になることについて
    高齢者の賛成を得なければならない
    ここからは私念だが、
    去年癌で亡くなった俺の祖母は、このブログの中段にある相続税の件を知っていて
    死ぬ前に「今年(2014年)中に死ぬから、あなた達に少しでも残すから」と癌の発見から3ヶ月で亡くなった
    両親(50代後半)は金があるからと遊び歩き飲み歩き、直後から散財している
    俺にとっては、自分の両親世代が害の中心で「若者に残す」も「枯れて死ぬ」など考えないだろう
    企業にしても、政治にしても、自制心の無い世代を押さえつけるシステムが必要だと思っている

    x478c4ca72mh6f8E05SE252

    (2015年2月27日 - 1:13 AM)

    グラフなんて要りませんて。
    見てたらわかるもん。
    トシ取ってくると人間て、あちこちガタきて痛ァなるでしょ…それもバブルの頃の暴飲暴食が祟ってかもしれんけど。そうなるともう、てめぇのからだのことで意識は手一杯で、将来の日本経済とか、地球環境とか、何で発電するのが良いかとか、考えてらんないのね。それなりに立派な人生を歩んできた方々でも。聞く耳持たないってより、聞く余裕なんざ無いんすよ。
    「老いては子に従え」って諺が有ったけど、核家族化で死語んなった。しかも昨今は独居老人だらけで、地域や行政や介護士やボランティアに見守ってもらう始末。自立した息子は遠方にいて、むしろ当の婆さんらの方が同居を嫌がってる。たいがい頑固で我儘だけど、そんな生活が成り立つのも当人名義の 年金収入 有ればこそ。
    つまり「年金」が家族の姿を解体してすらいる。
    それも実態は、もらえる一定額をちまちま使う生活だから、やれ市バスをタダにしろ、窓口負担を上げるな、消費税反対、そんなんばっか。そしてたぶん、電気代が上がると困るから原発再稼働賛成…放射性廃棄物?…その前に御迎えがくるだろから、わしゃ知らん❗
    …こんな感じですかね。

    (2015年3月19日 - 3:29 PM)

    賃金の事ですがむしろ安倍ゲリゾーの消費税増税や金融緩和などの影響で実質賃金は連続で下がり続けております。
    それに伴い去年のGDPはマイナス成長確定です。
    確かに世代間格差も大きな問題ですがそれよりも国全体の需要が減り続けていることが一番の問題だと思います。

    のの

    (2015年6月21日 - 10:36 AM)

    今の老人は若い時には自分の親や祖父母の面倒を見た最後の世代だと思います。
    核家族化が進み、親の面倒を見る気もなく見る余裕も無い。その人達が老人に「自分達の事ばかり考えないで」と言っても滑稽です。
    「老いては子に従え」でも、その従うべき子が逃げて居なくなっているんですから。
    子供が居るのに生活保護を受けている老人、同居しているのに住民税を非課税にするために世帯分離している老人。こんな人も多いです。

    匿名

    (2015年10月25日 - 11:57 PM)

    安楽死党に投票しましょう

    同意

    (2016年5月14日 - 9:17 PM)

    全文同意
    若者奴隷の国日本では反乱でも起こさない限り若者は奴隷で居続けるしかない。
    大袈裟でも何でもなく

    ノーコメもありや

    (2016年9月12日 - 4:43 PM)

    どうも真実を探し回るノーコメもありやです。
    貧困というより大多数が会社に入っても
    昔ほどどころか支出と釣り合えるほど収入
    を貰ってないのが実態…まあ若者の立場
    としてデモやら無難に投票だとかやった
    ところで絶対数の関係で警察や自衛隊に
    止められるのがオチな気がしますが…
    近年は振り込み詐欺に受け子や掛け子?
    で走らされてるのは他でもなく若者が
    中心だったりします。直接お金を受け
    とるんだから捕まりやすいのはおかしく
    もなんともないんですが彼等の報酬は
    およそ被害額の3%ほど…100万円
    なら3万円ほどとなりますが彼等の
    まとめ役そして大元へとなりますが
    彼等はうまいこと逃げ切れます。
    なかには外国に本部を置いて国外
    のために捜査が入れないか困難に
    する強者もとい凶者達もいます。
    そんな状況のため捕まるのはいつも
    若者達ばかり…それも日本人だと
    いうもので皮肉なことに犯罪だと
    分からないようにバイトや小遣い
    稼ぎとごまかせば引っ掛かるん
    だそうです…
    仮に一斉検挙とかしたら若者は
    想像以上に高齢者にレッテル貼ら
    れるでしょうね…
    悪いことは悪いことと言えば
    それまでですがこれが悲劇の引き
    金に…

     

    (2016年10月2日 - 11:03 PM)

    せっかく良い内容を扱ってくれてるのに、コメント欄はムダ話ばかり
    ジジババの政治レベルなぞ推して知るべし
    若い人は、こんな連中に関わらないこと

    日本人に使え

    (2017年2月21日 - 7:18 AM)

    老人がどうの以前に、外国や在日外人に多額の税金がバラ撒かれてる方が問題だろう。
    日本人同胞なら年齢に問わず経済に貢献するが、外国や外人にバラ撒いた税金は日本人にとって完全に無駄金だからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です