ミニマリストを目指そうとは思いません!

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

スポンサーリンク


だって、ニートで病んでる人の生活なんてすでに切り詰めまくってるんだもん!

 

ミニマムではないけど、自分から「ミニマムにします」とか言わなくても、カネのこと、病気を気にするように考えれば、ミニマム方向に思考が流されるんだもん!

 

節約と自炊が徹底できる体力や手法はほしい。知りうる限りは実践してる。

 

けど、「断捨離、節約と衰弱」は違うよ!

切り詰めたり、カネのことを考えたり、すれたTシャツを着れば着るほど近づいていくのは衰弱だ!節約だ、ミニマムだというけど、お金がない人のミニマムは節約をどんどん衰弱にすり寄せていくことだもん!

 

ミニマリズムなんてものは一丁前に「物が溢れてから」「物を片付けたり、上手にやりくり出来るだけの余白がある人」がやるものだ!

 

・家にあるムダなモノ増えた

・多方面かつ本意でないムダな付き合いが増えた

・考えや自分の行動、こだわりにムダが増えた

ムダがあるならば、それらを断捨離するのは節約、省エネ、ミニマムといえる!

 

だけど、

・そもそも、家に必要な物や買い換えるお金がない(まさに貧民!)

・必要なコネも友達もない(まさに無縁社会!)

・やりたくないこと以前にやりたいこともままならず、行動も考えも全然足りない!(まさに躁うつ病!)

 

ミニマリズムなど、若いうちからやっちゃいかん!

 

持つものを持った人間が必要なものを再選択するための思想など、持たぬ人間に適応したら場当たり的で日に日に衰弱するだけの選択しかできぬのだ!!!

 

金持ちのミニマムは朝スムージーを飲んで健康を整え「最小限の朝食で1日の仕事につなぐこと」だと言うだろう!

だが、貧乏人のミニマムは朝食を食べないで金銭を浮かせて「なんとか最小限の負担で1日を食いつなぐこと」と言うだろう!間違っても金のかかる果物を摂取する事をミニマムだと言わないだろうし、ミニマムな生活のためにはとても設備が足りてない家に色んな物を保存しておくスペースもないだろう。

 

金銭や生活の事情が違えば当然、できるミニマムも目指すミニマムも異なる!

 

だから、ミニマムミニマムと言う人はミニマムの意味を確認すべきだ。

・自分が豊かになるために必要なミニマムが何なのか

・ミニマリズムを目指さない自分は増長してるのか、ミニマムになろうとしてるのか

などを考えた上でミニマムという言葉を使うべきではないか?

 

だから、ミニマリストになる気もない。

いい意味でのミニマムを実現する前にもっと自分の欲を実現する体もお金もモノもツテも必要だ。

 

だから、今の僕はミニマムを目指さない。

捨てるものすらない、捨てる物を整理する余裕がない人がミニマムになってもそれはただの衰弱!断捨離以前の問題!

捨てるほど溢れたり、選べるほど悩むようになってからミニマムを目指しても遅くはあるまい。

 

・インスパイア

ミニマリストを目指そうと思います! – サイバーメガネのサザンクロスシティ

見当違いのミニマリスト宣言を見つけたから敢えて突っぱねてみました。

ミニマリストがビックカメラへ買い物に行った結果 – 現在退職準備中

大学院生の、持つものも持ってない人がミニマム目指してもアレだろうに…

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

物が少ないのと物がないのは違います。捨てるほどのものもない人がミニマムと言う前にすべきことがあるでしょうに…。

 

・関連記事

躁うつ病患者が日常を取り戻すために取り組んでる貯金の話 

逆にミニマリズムっぽい記事。金銭と体調は管理・気づきが問われる所が似てるから細かいところに気を配る・配れてるかどうかを判断するために「金銭管理」は自分の体調を把握する1つの基準になってる。

暇人なら「ゲーム廃人ダイエット」をやるべし! 

ダメなミニマムの例。確かにゲームしてるとゲーム以外何もいらなくなるからミニマムにはなる。でも、それはただの衰弱であり、節約でも断捨離でもない。

節約術とさえ呼べないけど、僕が心がけてる地味すぎる生活習慣 

昔書いた節約についての記事。節約とは呼べない安く済ませようとする意識の話

LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

スポンサーリンク

tm2501 登録者

炭水化物が主食です

コメント

    我無回

    (2015年7月14日 - 4:35 PM)

    こっちの記事を読んでみると、「ミニマリスト」というのは、例えば、スマホを買った後に、いろいろと付いてくる「オプション」を見て、「これはいらない、これもいらない」こう言いながら、解約して最終的に、基本的な通話機能と最低限度のメール機能だけを残そうとしている。そういう人たちに見えてきます。
    で、そういう人が「ビッグカメラでマッサージチェアに座っているお父さんについて云々すること」は、「あの人って、不必要で無駄なオプション使っているよね」。と言って、冷笑するようなものでしょう。
    裏返しに言えば、無駄なオプションをことごとく排除することで、「自分がいかに賢いか」を自慢しているようにも見えるわけですが。
    こういう人に対して、言うべき一番適切な言葉は「人のことはほっとけ」これに尽きると思います。「かわりに、自分もあんたたちのことはほっといてやるから」。と。
    ちなみにいうと、三沢さんの場合には「自分はスマホを買うお金もありませんが何か?」こういうタイプでしょうね。
    もちろん、実際にはスマホくらい持っているとは思いますが。
    重要なことは、不必要なものをしこたまため込んで、そのあとで捨てていくことではなく、最初から「持たない」こと、これが、本当の「ミニマリスト」だと思います。
    ただ、「持てない」これが、今回のテーマであるにしても。
    スマホで言えば、高価でなんでもありのいまどきのスマホを買って、「あれもいらないこれもいらない」とやるのではなく、最初から必要最低限度の機能しかついていない、「ガラケー」を使う。
    こうした方が、よほど「賢い」と思うのですが。いかがなものでしょう?

    匿名

    (2015年7月23日 - 11:17 AM)

    ミニマムミニマムって嬉しそうに書きまくってるけど、ミニマムじゃなくてミニマルじゃね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です