意外とトリプルスリーを知らない人が多かったから流行語大賞になった理由とそのすごさについて書く

今年の流行語がトリプルスリーだったのだが…はてなブックマークやツイッターを見た限り、知らないという人があまりにも多い。

僕が人生で一番長くやったスポーツは野球とテニスであり、カービィと並んでこの世で最も面白いゲームだと思っているのがパワポケシリーズだと思ってる僕にとっては野球を知らないという人は人生を損しているのではないか?とさえ思ってる。

そのため、僕がまだ若かった頃にはこんな「迷言」も残している。

でも、理解できない人に「こんだけすごいことなんだ」と説明するのも野球をわかってる人の責任だからさっくり説明していこう。

紹介意外とトリプルスリーを知らない人が多かったから流行語大賞になった理由とそのすごさについて書くの続きを読む

中村紀洋伝説で打順を組んだ

 

前回、イチローだけで打順を組んだところ好評だったので、打順を組めるほどのネタと武勇伝を持ち合わせている選手を考えてたら…中村紀洋さんにぶち当たりました。

ちなみに、中村紀洋さんもイチローと(か、ハマの番長、石井一久らと)同期。

あの世代は何かと伝説の選手が多いのだ。

紹介中村紀洋伝説で打順を組んだの続きを読む

全盛期の清原和博伝説は細かい数字まで掘り下げないと伝わりにくい!

 

最近、DMMのCMで無冠の帝王振りをネタにされたり、薬物事件で週刊誌で引っ張りだこになってる清原さん。(誤報だった、仕事激減したそうな)

僕は全盛期の「きれいな清原」が活躍してた頃には野球のルールどころか野球というスポーツの存在さえ知らないほどの子どもだったから、いい印象がない。

「番長」と呼ばれる巨人軍・オリックスにいた「キャラクターだけはムダに立つイカツイ野球選手」のイメージしかない。そして、いかついおじさんが引退後はいかにもなスーツで登場するからもはやヤクザにすら見えてくる。

特にオリックスの頃の清原は目も当てられず、「なんでこんなに試合に出ないヤツが人気なんだ?」と謎で謎で仕方なかった。

だけど、ツイッターでこんな意見を頂いた。

そこで調べて分かった驚きの事実は、野球ファンの20代前半・10代(そしてこれから先、野球ファンになっていくであろう人達)が疑問に思っていると思うので、ブログにまとめた。

紹介全盛期の清原和博伝説は細かい数字まで掘り下げないと伝わりにくい!の続きを読む