【ご報告】食べる量変えてないのに、一番重かった頃から7キロ痩せた。

スポンサーリンク


8月にEMS機器もらってから、加速度的に痩せてきて、3ヶ月で5キロ…自分が体重計に乗って一番重かった頃から7キロ痩せた。

「3ヶ月で5キロって普通じゃね?」
「計った限り一番重かった頃(今年の4月から7ヶ月)で7キロってそんなに減量できてなくない?」

と思われるかもしれない。

だが…ぼくが痩せるにあたってのプロセスがすごくて
大飯食らいを全く変えてないつけ麺1キロぐらい普通に食べる最近一番食べた時にはとんかつとご飯3杯食べて、突発的に食べに行った広島風お好み焼き1.5個食べるという暴挙も。当然レコーディングダイエットみたいに食べる量を測定するダイエットもしてない!!
ジムに行ってない…ぼく自身の出費は0円。人からもらったEMS機器を入れても3000円という貧乏でも痩せるダイエット法。
ほとんど筋トレの時間を取ってない…筋トレする日でも1時間以内。筋トレしない日はEMS機器当ててゴロゴロして、近所に出かける時にもも裏歩き。そんだけ。
全く走ってない…有酸素運動0。全部筋トレ・ストレッチ・EMS機器だけ。しんどい走り込みは一切なし!!

…これで痩せた。

真面目にRIZAPみたいなところに行って、食事制限から適切な筋トレ法まで教わったら、今頃20キロほど痩せてたと思う。

「金かけて痩せる」
「リバウンドしてもいいから痩せる」
「食べるのを我慢して、好きなものを一切断ち切って痩せる」
っていうなら我慢かお金のゴリ押しでバカでも痩せられるんだよ。

ぼくは金かけられないし、リバウンドしたくないし、食べるのを我慢するのも嫌だから、自分のためのダイエットを作るところからやって…理論作るのに5年かかったけど…やっと結果が出た。

今回はそのやり方と進捗を語っていく。

すばやく痩せようとするからおかしくなる!痩せる体にしたらあとは体が勝手に痩せる。

体って面白くて…痩せ始めると、痩せるのに足りてないところを体が勝手に教えてくれる様になる。

でも、痩せる体ができてないと…体がやってほしいこと・体に効くことがわかんないから…見当違いなことをして、痛めたり、挫折したりする。

例えば…うちの母はぼくが太り始めた時に
「多摩川走ってきなさい」
としつこく言ってたけど…結論から言うと、大きな間違い。

バカでも分かることだよね?
太ってる人が、痩せてる人のようにトレーニングすると…骨や筋を痛める
ってことぐらい。

そうなんだよ…昔ながらの腹筋、ランニングをしても、デブは脂肪が燃える前に体が痛くなって、痩せるどころか…ケガするだけ。
ぼくが痩せられない時は、「何キロ歩く」とか「腹筋をする」とか…なんかもっともらしいことをやろうとしては、どこか痛めちゃって結局運動が続かない…ということの繰り返しになってた。

知り合いのデブを本気で痩せさせたい人はよく覚えておいてほしい!!
「運動しろ」といって運動ができるヤツはさっさと痩せられる!!!!
そのスタートラインに立ててないようなやつが太ってることに本気で悩んでるんだ!!

そういうわけで、「こうやればいい」という方法は色々聞いたのだが…自分の中で続く方法が見つからなかった。

もも裏歩きに出会ったことで流れが大きく変わる

転機になったのはもも裏歩きを知ったこと。
フットボールネーションの「もも裏歩き」はマジで痩せるので、おすすめ!!

もも裏歩きとは、ハムストリングスを使って歩く歩法のこと。

フットボールネーションの中に書いてあるもので…原理については、ざっくりいうとこのコマで説明できる。

人間が走る時には前のももよりも後ろのももで走ったほうが効率がいい。
しかし、前ももを鍛えてる人は多くても、後ろももを意識して鍛えている人は…少ない。

日本人の得意とするスポーツって、踏ん張ることが重要なスポーツが多いから…自然と前ももに特化したトレーニングやら、動きばかりが多くなって…ハムストリングスってサッカーや陸上を理論的に教わってる人でもない限りそんなに鍛えてない。

かく言う私も、野球やテニスをしていたから前のももは自然に強くなったが、もも裏は弱かったため…もも裏歩きを実践すると…すぐに筋肉痛になった。

ハムストリングスだけでも、人体でトップ5に入るぐらい大きな筋肉なんだけど…ぼくは28年間しっかりともも裏を意識して鍛えてなかったわけ。

一般的に
「大きい筋肉を鍛えるのが痩せる近道」
とか言われてるんだけど…その大きな筋肉をしっかり鍛えられてなかった。

もも裏歩きにはもう1つメリットがある。
それは、腰回りも痩せるということ。
一緒に腰回りの筋肉(腸骨筋)を動かすから、腰回りも一緒に痩せる。

ざっくりいうとこんな感じなんだけど…もっと知りたい人はフットボールネーションの2巻を読もうね。もっと詳しく書いてあるから。

 

もも裏歩きをきっかけに
日常生活や一般的なストレッチで使えてない筋肉にこそ重要なのでは?
と思うようになった。

 

EMS機器で加速度的に痩せていく&体の声が聞こえるようになっていく

もも裏歩きだけでもウエストやヒップが引き締まって来たのだが…体重が痩せるにはまだ足りない。
そんな時、ブログを読んでくださっている女性の方からEMS機器をもらって、飛躍的に伸びてくる。

 

別にどのメーカーのやつとか縛りはないけど… 3000円前後のこんな感じのEMS機器を使うと…腹筋がついてくる。

EMSのいいところは2つあって、1つはゴロゴロしながら筋トレに使えること。
腹筋にEMS機器を貼り付けてパソコンでもゲームでも読書でも好きなことしてたら、勝手に筋肉がつく。1日30分ぐらい当ててればそれだけでいい。

とにかく楽に腹筋がつく。

腹筋がいきなりムキムキに割れるようなことはないけど、腹筋がつくことで、他のストレッチや筋トレの効果が飛躍的に上がる!!
体の動かし方が変わるから、腹筋をきちっとやることがおすすめ。

もう1つの効果はマッサージ機としてもEMS機器は使えること。
3000円そこそこのEMS機器の多くは、肩周りに貼る用の小さいやつが腹筋用とセットでついてくるのだが、肩こり知らずの生活が送れてお得。

試しに腰にもつけてみたところ、腰の重さが取れて動きがよくなって素晴らしい!!

マッサージも整骨院やエステのような側面もあるからなんとも言えないけど…単に疲労回復やコリ解消のために通ってるような人は、EMS機器買って当てるとお得。3000円あれば、マッサージ屋さん1回分ぐらいにはなるけど、コリ解消ぐらいなら家にあるEMS置いとくとお得。

 

コリ解消して、腹筋ついて筋トレ の効率が上がってくると…体が飛躍的に痩せるようになってきた。

しかも、痩せてくると体の方から
「上半身の筋肉が足りないから、もっと肩周り鍛えよう」
とか、
「そんなに食べなくても足りるから、ご飯少なくていいよ」
とか、
「今日は腸の調子が悪いから、ガッツリではなく腸を整えるモノを飲んだり食べたりしてバランスを撮ろう」
というふうに、体の調子を報告してくれて、体調が悪くなってもカバーしてくれるようになった。

今は上半身の筋肉が足りないので、徐々につけてます。…が、こっちはあんまり成果出てないので
「ヨガの犬のポーズと、プランクやるといいよ」
とだけ言っておくから。詳しいことは調べてね。

 

EMS機器に加えてやり始めたことがもう1つ。
EMSでもう痩せる方法は固まってきたのだが…これをやり始めるとさらに痩せ始めた。

朝型の生活する方が暴飲暴食が減って痩せる

「こんなこと言われなくてもわかってる」
と言う人がいるとは思うけど…重要なのは方法。

 

・食べる量が多くても、食べる回数が少なくてもいいから夜6時(遅くとも10時)までにご飯を食べる。
・夜10時以降のSNSは禁止。DMをもらってもそっけなく返す。
・朝型生活をしてることを周囲に伝えておく(と、周りが気を使ってくれる)

体内時計は腹時計と、夜ふかししそうな人付き合いを断ち切るとけっこうどうにかなる。

痩せる効果については…本当に大きい。
ウエストやヒップが痩せたのはもも裏歩きをするようになってから。
筋トレが捗るようになって、活動的になったのはEMS機器をもらってから。
そして、体重の数字にトレーニングの成果が反映されるようになったのは、朝型生活をはじめてから。

何度もいうが、未だにすごい量を食べる。
それでも、筋肉がカロリーを消費したり、食べ過ぎを制御して、体内時計がしっかりしたことで胃腸の負担が減ると…体が勝手に痩せてくる。

どれもそんなに難しいことじゃないから…よかったらやってみて。
最初はめんどくさいと感じるかもしれないけど…痩せてくると楽しくてしょうがなくなってくるから!!

 

スポンサーリンク