【3巻感想】「その着せ替え人形は恋をする」に新キャラ登場!?そして物語は夏休みへ

スポンサーリンク


最近すごく推してる「その着せ替え人形は恋をする」の3巻が出た。

そして、この3巻だけど…新キャラ登場するから
「喜多川さんとごじょーくんのラブコメが壊れないか心配!!ゴッチャゴチャになって面白くないってことないよね」
ってぼくも、他の読者も心配してたけど…いざ読んでみると、必要な登場でなおかつ違う魅力の女の子だったから、けっこうよかった。

というのも、ごじょーくんは裁縫の技術はあるけど、コスプレについては詳しくない。
喜多川さんも不器用でかつ、コスプレは入門書を手に取る程度でそんなに詳しくない。

だから、技術的な解説役がこの物語の中では必要だ

ストーリーの厚みがそのままごじょーくんの魅力と、喜多川さんの恋心に直結する。

ラブコメとしてならともかく、この話の軸になっているのは、ごじょーくんが憧れてのめり込んでいる雛人形作りに、コスプレという新しい技術の使い方を経由することで、人間的にも職人としても成長することと、雛人形に対しても自分のコスプレに対しても真摯に向き合う姿を喜多川さんが惚れ込んで、新しい挑戦を一緒にやろうと行動力で連れ出していく。

マンガが好きな人にとっては「オタク気質な人が到達できる理想の凸凹コンビ」の中に、キッチリとしたストーリーやコスプレの知識、さらにマンガ的にも実在してもかわいい絶妙な塩梅の喜多川さんのかわいさが相まって
マンガが好きな人が、マンガでやってほしいことを全部満たしていて最高!!
ってところが、とにかく魅力的。

ストーリーの厚み・キャラの魅力=ごじょーくんにとっての新しい体験、喜多川さんの恋心をくすぶるできごと」なので、それを提供してくれることはとても必要なことなのだ。

…とかなんとか、熱弁されてもイメージが湧かないことだろう。
そこで、いくつかの画像を交えて駆け足で、あらすじを紹介していく。

 

乾姉妹の登場でますます濃ゆくなるコスプレの世界

2巻でもちらっと出てたけど、新キャラが出てくる。

彼女が喜多川さんもよく知っているコスプレイヤーさんで、喜多川さんは本人の話も一切聞かないで大興奮。

喜多川さんよりかはツンケンしてて、嫌いではないんだけど…ちょいちょい(かわいく)拒否反応起こしてて、面白い。

ちなみに、仲が悪いってわけではなく、ちゃんとリスペクトもある様子。

 

正直、「その着せ替え人形は恋をする」ごじょーくんと喜多川さんのラブコメで、それがすごく優しくて好きって人が多いから「なんで出てきたの?」って思うかもしれないけど…それは、彼女がコスプレ解説をするため。

そんで、もって喜多川さんとは別の意味で「色んなことをやって色んなものを見せてくれる」キャラ。

「その着せ替え人形は恋をする」の魅力って、キャラの魅力がかなり3次元的なところ。
記号的な「ギャルかわいい」「ツンデレかわいい」という要素もあるけど、成長したり泣いたり笑ったりすることで魅力をましていく物語と連動してキャラの魅力が上がっていく良さがすごく人間的でいい!!

ちなみに、新キャラは一人じゃなくて、姉妹で出てきます。
姉がちっさい方で、妹がでっかい方。
ちっさい方がレイヤーで、大きい方がカメコ。

で、マンガの中ではコスプレメイクの話や、写真の話が増えていく。

…が、ラブコメも健在。
おうちデートしてみたり、

オムライス作ってみたり、

夏休みに二人出会えまくることにキュンキュンしたり、

ヤバみです。

もう喜多川さんが恋してるのを見るのが幸せ。
これホンマに幸せ。好き好き好き好き好き好き好き好き好きぃぃぃぃ!!!

ヤバイぞ…大分このマンガに毒されてきた。

スポンサーリンク


あとがきも笑えるからぜひともマンガを買って読んでほしい

単行本を買うとあとがきマンガがついてくるんですが…これもかなり好き。

個人的にツボだったのは、これね。
「人間のメスのコスプレ」
ってワードがもう強い。

「自分のこと人間以外のなにかだと思ってんのかよwww」
って突っ込んでしまうワードだったから、本当に見るたび笑ってる。

女性の方に聞いたら
「【ブスが美人(人並み?)のふりをして】とかそういう意味じゃないか?」
という話が出てきたので今はそこまで疑問の残るワードではない。

しかし、「人間のメスのコスプレ」というワードは早々普通の人からは出てこないから「これはすごい」って感動した。

いいマンガっておまけで載ってるあとがきや偽予告まで面白いものがおおいけど、このマンガも例に漏れず面白い。
しかも、コスプレや作中のことに取材した痕跡が色々確認できて面白い。

そのへんをぜひとも単行本読んだ人と分かち合いたい。
また、作中の面白さがさらに増すようなあとがきだから「連載を好きで読んでる」って人はぜひとも単行本も読んでほしいです。

 

スポンサーリンク

関連記事