マンガ「ニジとクロ」がペット(珍獣)を通じて世界を広げてくれる

スポンサーリンク


安定した面白さでした。
マンガ好きな人がマンガの中で見たいものや、提案されたいテーマをキチッと抑えてきているので、「完璧」だと思いました。

created by Rinker
¥864 (2019/08/23 20:28:30時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに、作者はアニメ化もされた人気マンガの「かんなぎ」も作った人。
かんなぎ自体が評判も高い素晴らしい作品だけど…かんなぎを作った時に起こったことが今作で活かされているであろう描写が節々に見られることが面白い。

 

あらすじ

白星クロエという女の子がこの作品の主人公。

彼女は、名前にもあるように…「白黒はっきりさせたい」という考えを強く持っている人。

この性格が災いして度々アルバイトをクビになる融通がきかない性格の持ち主。

だから、インターネットで見かけそうな感じの生きづらさを吐露するようなことも言ってる。

ただ、「白黒はっきりつけよう」は正義感の強い高潔な人格の持ち主の証拠でもあるので…彼女は捨てられてるペットを拾ってしまう。
ただ…こいつが…白黒はっきりしていないと気がすまない彼女にとって、すごく不思議な動物で…そこが物語のキモになってる。

これ、本当にフィクションを作るのが上手い人の考えで…オリジナルの動物を創作することで
・彼女と対極にある動物を作ることでより心情の変化をダイナミックに表現できる。
・ペットについて調べたり、調べが甘くて体に悪いであろうことをやらかして悩む。
・ペットにとっての悩みが相談できる人が限られてくるため、友達作ったり、新しいことに挑む展望ができてくる。
・読者でさえ生態がわからないことで、抗議による炎上を回避したり、一緒に読み進めながら生態を把握する楽しさがある。
と言ったメリットを生んでいる。

創作上の動物だからこそ…検索しないと出てこないし、エサもわからない…これが帰って犬猫鳥といったポピュラーな動物よりもペットを買うことに慎重な飼い主を自然に描く形になってる。

ニジというペットの名前の由来はこの「ニジイロテンゴクオウム」という名称と見た目の虹色感です。

その名前を決めたことで…1話はこんな終わり方をしてる。

メタファライズがしっかりしているからこその、このうまい台詞回し。

うまいフィクションの特徴として「メタファ(隠喩)」という手法がある。
この作品で言えば、白星クロエという名前だけでも「白黒はっきりつける」という性格を暗に示していたり、ニジイロオウゴンオウムのニジ…もストーリー上で「彼女の性格や生活に彩り(色)を与えてくれる」ということを遠回しに言っている。

名前とストーリーをうまく一致させてくるマンガの名作ならNARUTOを挙げたい

他のフィクションで言うと、範馬刃牙の「バキ」なんかは殴る時によく使われる効果音。
NARUTOのうずまきナルトも…ラーメンが好きや、お腹に渦巻状の封印があること(これがへその緒のように、親との繋がりを隠喩している)から「ナルト」という名前になっていたりする。

NARUTOは特にこの名前からキャラの得意技や性格を連想させるメタファ化の手法が多い。

この手法のせいで、NARUTOの登場人物一見するとへんてこりんな名前ばかりで安直に見えるかもしれない。
しかしながら、フィクションをわかりやすくするばかりか、他の作品と名前が被らないから先入観なくキャラを見ることができるメリットもある。

…例えば、日向ヒナタという女の子が出てくるけど、ヒナタって名前の女の子は少ないから、ヒナタと言えば…と覚えやすい。

この手法は美少女ゲームなんかではよくあるけど、
「ヒロインと友達や親の名前が被ると、欲情できないから」
というしょーもないけど、切実な理由。

これがあるのかわかんないけど、ナルトのキャラの中でも女性キャラは特に個性的で他の作品とダブりにくそうな変な名前が特に多い。
「ヒナタ」「テマリ」「くれない」「いの」「テンテン」…と言った感じに。

逆に、自来也みたいに他の作品と名前が被せることで、他のキャラとの関係性や設定を連想しやすくする手法もちょいちょいでてくるので、NARUTOは創作の設定考えたい人にとって面白い教材かもしれない。(術や忍びの理論は、他のモチーフの流用多いです)
ちなみに、他の作品や神話といったモチーフをうまく使って、キャラの説明を簡略化しつつ位置づけも暗示する手法はソシャゲーなんかではかなり多いから、「ソシャゲーに神話や聖書の引用が多いのはなんでだろう?」という人はその辺をわかってると楽しみが倍増するかも。(よりユニークな頭をお持ちの人なら、ソシャゲーっぽい設定が作れるかも)

話をニジとクロに戻し、一度まとめよう。
ニジとクロは性格の表裏をうまく表現したり、現実的な話の中にうまくファンタジーを混ぜる部分もあって、マンガとしての設定がとにかくよく出きてる

だから、読んでいてすんなりと頭に入ってくるだけじゃなくて、登場人物に抱くストレスがとにかく少ない。
いい意味で「記号化」されているため、詳細を読む前から「こんなもんだ」と割り切って読める部分と、「こういう人間ならどうするだろう?」と想像できる部分があるから、普段ならイライラするような人柄・粗相も「そういう人だし」で笑いながら読める。

「記号化=オタクにわかりやすいカテゴリのキャラを作る」と考える人ももちろんいて、それもそれで読者とのミスマッチを減らしている。
しかし、ここで言う「いい意味で記号化」は、自分で新しい記号を作ることで…キャラやストーリーをわかりやすくしてもありふれないようにしてあるところ。

だから、わかりやすいのにマンネリしないいい塩梅になっている。

スポンサーリンク


癒し系マンガに見えて、実はかなりの社会派

ニジとクロはペットを通じて、「白黒はっきりつけないと気がすまない性格」が変わっていく物語だ。

マンガの中身はものすごくほのぼのしているし、難しいことも言ってないが…そこに込められているメッセージはすごく深い。

まず、「白黒はっきりつけないと気がすまない」という正義感が強くて面倒見がいいものの、融通がきかない性格…。
インターネット上には、本気で言ってるか、冗談かは別としても…こういう人はとても多い。

そして、かんなぎの作者自身もそう感じたであろうエピソードがある。
なにしろ、ニジとクロの前に連載していた「かんなぎ」という作品で、「マンガやアニメのヒロインは純潔じゃないといけないんだ!!」という人間から、ヒロインの過去の交際を描いた途端に本をビリビリに破られるなどの猛抗議を受けた経験があるのだ。

男としては「自分だけの女でいてほしい」という気持ちもわからなくもないよ?
しかし、「あいつは自分だけの女でいないといけない!そうあるべきだ」とまで言われちゃうと…聞いているこっちまでしんどい。

作者が炎上した後の次回作に、自分のマンガを破るような固定観念や(偏った)正義感の強い人をマンガの主人公に据え、救済を試みているのは、愛情も感じるし…一定数いる困った人を描くことで社会の中の病的な部分を浮き彫りにしている

まず、試みとして面白い。

次に、融通がきかない人であっても、2,3歳の知性しか持たないペットに対しては自分から歩み寄らざるを得ないことを描いているのが、晩婚化、少子化、高学歴、契約社会で生じる問題を遠回しに描いている。

街に子どもが溢れ、みんなが恋をして結婚して大人とは言えど通じ合えない部分もある他人と生活していた時代なら、どこかで気づいていたであろうことに気づけなくなった時代にこの作品が持つものは大きい。
大人ばかりがいる社会で…あるいは進学の環境が当たり前に整備されることで話が致命的に通じない相手と出会う時期が全体的に遅くなった時代には…固定観念や融通の効かなさを克服してくれる大きな要因はペットだと遠回しに描いている

深読みのしすぎとも言い切れないのは、クロが大学生だというところ。
高校時代バイトしなかったぼくにとっても、バイト先で出会うクレーマーみたいな人や、横暴に仕事上のものを言ってくるタイプの人は…学校にはいない「正論が通じない人」で、すごく大変だったのも覚えているから、クロにちょっと共感もする。

そんなクロでも…ニジにはすごくハードルが下がる。
決められた場所でうんちしたり、ご飯をしっかり食べたりしただけで褒めたくなる。

受動的に話の通じるはずの大人同士の通じ合えないポジショントークに慣れる選択肢ももちろんある。
しかし、ニジとの生活は能動的に愛情で自分から歩み寄ることを目指して変わっていこうとできるし、それはすごくクロにとっても、クロのような固定観念が強すぎる人にとっても優しい世界になっている。

作者の力量、優しさ…両方が詰まってて、安心して読めるマンガ。
このマンガを通じて世の中に色んな色が溢れて…いや、すでにあった色に気づける人が増えてほしいし、自分も気づかされ、感動したので、是非オススメしたい。

 

 

スポンサーリンク

関連記事