マンガ「ここは今から倫理です。」が、正しく青春すぎて鳥肌モノ!!

 

またいいマンガ見つけちゃったから紹介します。

…表紙を見た通り、学校の(倫理の)先生が主役。

だけど、「倫理の時間です」ではなく、「倫理です」とあるように…授業中の話ではないことが多く含まれる。

 

…例えば、
鬱屈した悩みや態度に対して、倫理な見解を示したり、
他人には相談できない些細な悩みに対して、倫理に立ち向かったり、
授業で聞いてもわかんなかったことを質問し、そのことで倫理的な問題について考えたり…

倫理というふんわりしたものを具体的に落とし込むことで、納得と学びと物語を読者に提供してくれる…そういう作品です。

 

倫理という言葉を辞書で調べてもわかるとおり、倫理(学)とは「善・道徳・社会的規範を研究すること」というふわっとしたもの。

道徳でも哲学でもなく…倫理。
そこがミソなのかな…と思う。

どこまで意図的なのかわからないけど…倫理というアバウトなモノを物語の軸においたことで、作品の中から説教臭さや、教師モノ特有の行き過ぎたヒーロイズムが消えて、いい意味で人間らしい人が、人間らしく考える作品になったと思う。

 

哲学や道徳だと…学術的または社会規範的な正解が倫理よりももっと色濃く出てしまうから…ちょっと違う作風になっていたと思うので、「倫理」という軸を選んだことがまずこの作品のすごいところではないかと思った。
娯楽作品との相性の良さとしては倫理はすごくいいかもしれないが、学問というフォーマット、教育というフォーマット、受験というフォーマットが好きな人からはフワフワした部分が嫌われてるから倫理って脚光を浴びにくいし、それゆえにわかりづらいデメリットもあるのよね。

紹介マンガ「ここは今から倫理です。」が、正しく青春すぎて鳥肌モノ!!の続きを読む

マンガ「出産の仕方がわからない」は、そこから母親までたどり着くまでの物語!!

男の俺がこのマンガ紹介していいのかすご~く悩むけど
逆に男の俺が読んでも読みやすかったし、ためになったし、気持ちよく納得して読める内容だったからこそ、このマンガは紹介した方がいい
と感じたから、紹介する。

たまたまKindleのセール情報を見てたら見つけてしまい、絵柄とタイトルが好きだったから購入。

紹介マンガ「出産の仕方がわからない」は、そこから母親までたどり着くまでの物語!!の続きを読む

有効求人倍率を徹底解説するから、じっくり読んでけ!!!

有効求人倍率について解説しました。よくニュースで話題になる割に、数字の見方をキチッと解説しているところが少ないから、ガッツリと語ってみました。ある時期の話に特化してるけど、ものの見方としてはいつ見ても読める記事になってるはず。