マンガ「ここは今から倫理です。」が、正しく青春すぎて鳥肌モノ!!

 

またいいマンガ見つけちゃったから紹介します。

…表紙を見た通り、学校の(倫理の)先生が主役。

だけど、「倫理の時間です」ではなく、「倫理です」とあるように…授業中の話ではないことが多く含まれる。

 

…例えば、
鬱屈した悩みや態度に対して、倫理な見解を示したり、
他人には相談できない些細な悩みに対して、倫理に立ち向かったり、
授業で聞いてもわかんなかったことを質問し、そのことで倫理的な問題について考えたり…

倫理というふんわりしたものを具体的に落とし込むことで、納得と学びと物語を読者に提供してくれる…そういう作品です。

 

倫理という言葉を辞書で調べてもわかるとおり、倫理(学)とは「善・道徳・社会的規範を研究すること」というふわっとしたもの。

道徳でも哲学でもなく…倫理。
そこがミソなのかな…と思う。

どこまで意図的なのかわからないけど…倫理というアバウトなモノを物語の軸においたことで、作品の中から説教臭さや、教師モノ特有の行き過ぎたヒーロイズムが消えて、いい意味で人間らしい人が、人間らしく考える作品になったと思う。

 

哲学や道徳だと…学術的または社会規範的な正解が倫理よりももっと色濃く出てしまうから…ちょっと違う作風になっていたと思うので、「倫理」という軸を選んだことがまずこの作品のすごいところではないかと思った。
娯楽作品との相性の良さとしては倫理はすごくいいかもしれないが、学問というフォーマット、教育というフォーマット、受験というフォーマットが好きな人からはフワフワした部分が嫌われてるから倫理って脚光を浴びにくいし、それゆえにわかりづらいデメリットもあるのよね。

紹介マンガ「ここは今から倫理です。」が、正しく青春すぎて鳥肌モノ!!の続きを読む

問題発言、上から言うか 下から言うか

 

借金玉さんにいじられた。

昔、感じのいいブスな子と世間話で盛り上がった時に、「ブスの子話しやすい!ブスいい」みたいなこと言って、ネットで大炎上したことがある。

 

その件に、はあちゅうさんが「自身のセクハラを告発したはずなのに、はあちゅう自身の過去の発言が【男性へのセクハラに当たる】(のに、そのことは棚上げしてなーなーに済ませようとした)ことを謝罪する結果になった事件」と類似してる…と言われた。

 

また、自身の発言をどうにか棚上げして悪くないことにしようとするはあちゅうさんと僕を重ね合わせてこんなこと言ってる。

はあちゅうさんのはもろに、一部男性を敵に回す(煽る)発言をしてたから…アレと一緒にされるとさすがに「似てるかもしれないが、違うぞ!」釘を指したくなるわけです。

紹介問題発言、上から言うか 下から言うかの続きを読む

マンガ「1日外出録ハンチョウ」は1日をめぐる自分との心理戦である!!

できるだけ隠れた名作をピックアップして紹介しているこのブログだが、今回は珍しく「話題の作品(?)」 を紹介してみたい。*1

ネタっぽい表紙と題材だけど… これが案外面白かった。

紹介マンガ「1日外出録ハンチョウ」は1日をめぐる自分との心理戦である!!の続きを読む

日本のドラマと田舎は結婚という神に支配された封建社会!だから、40年遅れているんだ!!

f:id:TM2501:20170816094226j:plain

西洋的封建社会はキリストを神として、祈る者・戦う者・働く物がそれぞれの本分を行う社会だそうだ。
現代の日本に於ける神とは、結婚であり、結婚を煽る者、結婚に尽くす者、結婚ありきの社会のために稼ぐ者の3つの身分によって構成されているように感じられてしょうがない。
*1

※この記事はくっそ長いです。
長いけど、これを読めばとりあえず「日本社会の全貌」がわかります。

紹介日本のドラマと田舎は結婚という神に支配された封建社会!だから、40年遅れているんだ!!の続きを読む

「初心に囚われる」という病

僕が文章を書き始めたのは15歳の時でした。しかし、15歳の時の気持ちや目標に囚われることが増えたため「初心とはどうあるべきか」を考え、心の整理をすることにしました。この記事はその一部始終です。

女性が水銀レバー付き爆発物にしか見えない時がある

仲のいい女性、いい雰囲気だった女性にそれまでのことをちゃぶ台返しにされた経験ってありません?
私はそういう母親に育てられたせいで、心のどこかで常に「女性からちゃぶ台返しされないか」が怖く感じてしまうんです。

「デートスポットの大半は別れのスポット」という論理の落とし穴

ある女性とデート(と私が言い張ってるだけで、向こうは普通に散歩しているつもり)の時に、不忍池でこんな会話をした。

「そういえば、井の頭公園のアヒルボートに乗ったカップルは別れるというジンクスがあるんだって。」

「三沢さん、それはですね…大半のカップルは別れるものなんです。つまり、有名なデートスポットのほとんどは別れのスポットなんです。

2時間ぐらい前に彼氏がいる話、その彼氏といい関係という話をしていた人が、恐ろしく身も蓋もないことを言っているのを見て、「俺より若い子がこんなに落ち着いてるなんて、すげー完成度だ!」と戦慄した。

いや~こういう子が、日本の要職につけば未来は明るい…はず。
そして、そういう若い子が彼女にかぎらず、色々と僕に会いに来てくれるのはとてもありがたいことだ。

しかし、インターネットの老人達はだらしがない。
彼女が気づいているような事にも気づいてないまま、僕よりも10も20も老いてしまっている人達が、第一線にいるなんて…。

紹介「デートスポットの大半は別れのスポット」という論理の落とし穴の続きを読む