吹き矢ゴブリンを活かした小屋デッキが4300環境にぶっ刺さる。

スポンサーリンク


クラロワで吹き矢ゴブリンが強化されたので
「なんか新しいデッキ作ってみたいなぁ…」
と思い立って、こんなデッキを作ってみた。

ディガーの枠をスケルトンラッシュに変える時は、バルキリーをナイトにすると同じようなデッキが作れる。
スーパーレアを使わず、それでいてウルトラレアをそんなに使わないから、課金してなくても作りやすいデッキ…それでいて、使い心地がいいから、おすすめ。

 

両サイドから、じわじわと吹き矢と小屋で絞っていくから、高コストなカードに強いデッキ

このブログでは前回、アウトロー三銃士デッキを紹介した。
クラロワで、4600を達成したアウトロー三銃士デッキを公開するぞ!!

アウトロー三銃士デッキはセパレートと呼ばれる左右両方から攻める戦術が、強いデッキ。

それをヒントに、左右両方からプレッシャーをかける小屋デッキを作ろうとしたところ吹き矢ゴブリンと、小屋を活かしたこのデッキにたどり着いた。

バルキリーのいいところは、実は攻めにも守りにも…壁にもダメージソースにも使えるところ。
ただ…バルキリーだけでは守りのカードだから、左右にプレッシャーをかけて攻撃が通るようにアシストしてやるカードが必要になる。

 

特に…4300前後…トロフィー3800〜4600ぐらいまでのトロ帯では、攻撃力が高くて、スピードの早いユニットを好む人が多いため、バルキリーを守りで使う人は多くいる一方で、攻めることはエリートバーバリアンやホグライダー、メガナイトといった大きなカードに任せてしまう事が多い。

そこで、敢えて相手の予想できないようなカードで攻められるデッキは、他とは違う面白さもあるし、相手の計算を外すカードとして使えると面白いデッキを作ることができる。

 

そこで、吹き矢ゴブリンやバルキリーを、小屋やディガーを活かして攻めるカードとして使えるように組んだのがこのデッキ。

左右で相手に気付かれないようにじわじわ削っていくのもいいし、エリクサーアドバンテージを取った上で、しっかり形を使って攻めることもできる。

この戦法は、特に大型ユニット相手の時に有効で、メガナイトやゴーレム、エリートバーバリアン…さらには通常の小屋デッキの弱点となりやすい巨大スケルトンに強い。

両サイドに展開できないデッキはもちろん、動きがにぶい・ユニットを重ねられないデッキにはかなり強い。

また、ウィザードやファルチェ、アイスウィザードと言った大きなユニットや後衛を使ったデッキにも有効。
なぜなら、ディガーと小屋を使ってじわじわと追い込むこともできるから。

だから、3800〜4600のトロフィーの中ではとにかく強い。
力押ししてくるデッキが多い環境では、力が分散されたり、ユニットの数で潰しに来るこのデッキはとにかく相性が悪いから。

 

スポンサーリンク


ゴリ押しデッキには強いけど、テクニックが必要なデッキとの戦いはしんどい

逆に、このデッキで気をつけないといけない相手は、
・ジャイネクロ…ジャイアントを壁にしてネクロマンサーを使ってタワーを折りに来るデッキ
・2.6ホグ…小さいユニットでホグライダーの脇を固めて高回転にホグライダーでチクチク削っていくデッキ。
・ロケット入りの枯渇デッキ…コストを抑えて高回転に攻めることで、相手のエリクサーを枯渇させるデッキ。

と、この辺が苦手。

…といってもテクニック勝負になるから負けることがあるだけなので、勝てないこともない。
真剣にやらないと勝てないぐらいにミスの許されない試合になってくるが…勝てないほど苦手ではない。

 

このデッキがどうしようもないほど勝てないデッキは、クロスボウデッキと追撃砲デッキぐらい。3800〜4600環境ではめったに見かけないデッキではあるものの、当たるとほとんど勝てない。

なぜクロスボウ・追撃砲デッキを見かけないかと言うと、クロスボウや追撃砲のデッキはよほど上手い人が使わないとジャイアントやゴーレムの力押しを前にするとどうにもならないデッキが多いから…力で押してくるデッキが多い3800〜4600の中上級者環境ではあまり使われないから。

 

グランドチャレンジ環境ならまだしも、レベル上げがものを言うマルチプレイではめったに見かけないデッキと相性が悪い。

だから、環境に最適化したデッキと言えるし、逆にこのデッキをメタってデッキを組む人は少ないため極めると面白いデッキ…とも言える。

また、このデッキに出てくるカードはレベルを上げた時の効果が大きいのも素晴らしい。

特にバーバリアンの小屋のレベルが上がると、小屋そのものの耐久力が上がって呪文からの攻撃が受けにくいことに加えて、出てくるバーバリアンのレベルも上がるから攻めも守りも優秀になるし、相性の悪い相手が出てきても…壁としての性能はガッツリ上がるから…レベル上げした時の効率がいい。

使いこなすのにテクニックはいるものの、使いこなせると他とは違う面白さと、視野の広いテクニックが身につくから是非使ってみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク