マンガ「カワイイ私の作り方」はむしろ、女嫌いこじらせとる男にこそ読んでほしい

スポンサーリンク


ぼくは躁うつ病のどん底の時に、かなり仲良くさせてもらってた女性から三行半を突きつけられしばらく女性不信だった。
今思えばぼくが全面的に悪いし、経験不足から来る失敗をたくさんしたけど…その時にはどん底のぼくに追い打ちをかける形となったので…
あんなに仲良くできていても、落ち目になったら女は逃げるだけじゃなくて、心まで潰していくのか。もうなにも信じられない
ってぐらいにひどく傷ついた。

 

長い時間をかけて失恋(?)から来るショックから立ち直っていくうち、こじらせは収まったが…このマンガを読んだことでより前を向くことができた。

ぼくのブログで「凪のお暇」を紹介してヒットし、
「いいレディースマンガないかな?」
と探してたら…このマンガを見つけた。

見つけるきっかけになったのは、ある女性のツイート。ただ、その人は
・あまりにもキレイすぎて、旅行にでかけた写真が広告に見えてしまう
・実際にお会いすると、デニーズで待ち合わせただけなのに、彼女が紅茶を飲む姿に見蕩れてデニーズとは思えない高級な空間に来たような錯覚する
というほどキレイな人で…その人のツイートを日々チェックしてたら、このマンガを読んでた。

「ストーカーかよ」
って思ったでしょ?
ストーカーにはなりたくないけど、本人に
「付き人になりたい」
と言ったことはあるほど尊敬してる。

そのぐらいすごい人で、その人の協力で痩せたり、儲かったりしてるなので…感謝しかないし、少しでも近づけたら…と思って暇な時に書き込みや健康を遠くから見てたりしてる。

同時に、思ってたことがあった。
「なんで、ぼくなんかを助けてくれるんだ?」
それだけすごい人が未だにどん底から抜けきれてないぼくに優しくしてくれるのは、罪悪感を感じるほどありがたいことだし、同時に疑問だった。

このマンガもそういうお話。
キラキラ女子で美の達人の女性が、失恋してどん底の女性を応援したり、キレイにするお話。
だから、少し彼女の気持ちがわかる内容でありつつ、同時にこじらせた部分をお持ちの人に
キレイでいることの大変さと、キレイでいる大変さを知れば、こじらせてるのがアホらしくなるぞ。
と言いたくて、このマンガを紹介することにした。

かわいくないのって疲れませんか?

衝撃的な言葉だけど…このセリフ、本当に出てくる。

このマンガのタイトルが「カワイイ彼女の作り方」であるところがミソで…外見は「キレイ」でも、キレイを活かすには立ちふるまいも大事だから「カワイイ」で正しい

かわいいについてイマイチ理解の浅い人・かわいい人になれず虐げられてるような気持ちがしているこじらせた人達からすれば、
「処世術やメイクなどに力を入れる分、キレイにいるほうが疲れるのでは?」
「かわいいが自然体でできる人の上から目線じゃないか!」
と思うかもしれない。

ところが、実際には立ちふるまいや美しさで「かわいい」が作った方が楽
自分の中ですべきことは増えていくけど、他人を気にする時間や頻度が減るから楽

かわいいを実践して他人を味方に入れておく方が、結局は余計なコミュニケーション取らなくて済んで楽。
かわいいを目指して美を磨くほうが、結果健康にもなって不快な思いしなくていいし、かわいいが作れることへの自信にもつながるから…楽。

一方で、嫉妬や「かわいい」対応が苦手な人・されたことがなくて、かわいい人のせいで割りを食ってるように感じてる人達は、積み上げられたカワイイに敬意を払えないでいる。
趣味の問題で敬意を払わないだけならまだしも、揚げ足を取ったり、陰口を叩く方に行く人もいる。

これはこのマンガのこじらせてる主人公にも言えることだけど、美容や立ちふるまいを極める楽しさと大変さをキチッと理解していくと、認識が変わる。

そもそも、きれいな人は別の道を極めたオタクなんだよ…
だから、自分たちの常識を実践してない人にこんなこと言ったりするんだよ。

こんなん笑うわwww

確かに、女性ってコスメポーチ持ち歩いてるのが当たり前みたいなイメージあるけど、ここまで言われると、逆に笑うわ。

こじらせてる人って、美人のこういう発言にイラッと来るんだろうけど…オタクだってそうじゃん。
自分の詳しい分野には「そんな事も知らないの?」と言わんばかりの態度の人はいるじゃない…。
かと言って詳しく説明すると気持ちがられるか、もっと詳しい人と揉めるから「もう何も言わない方がいいね」ってオタク、死ぬほどいるじゃん。

お互いがお互いの得意分野に敬意と賞賛とお金を送ったら一番早いんだけど、なぜか蹴落とし合う方向に行く人が多いよね…。
美人の揚げ足を取ったり、苦労も知らないまま頭ごなしに恋人にネグレクトしちゃうタイプのバカな男たちに「キレイってすごいんやで」と言いたくて、このマンガを紹介しとるわけだが…。

オタクも美人も極めてる人はこじらせてない。こじらせてる人はもっと自分を磨け!!

誤解のないように言っとくけど、オタクな人も極めるのに夢中で他人のことなんてどうでもいい人ってこじらせてない。
「オタク=こじらせてる」と思われがちだけど、こじらせてるオタクが悪目立ちしがちだけで、こじらせてないオタクはネットのどうでもいい論争に参加したりしないのよ…。
好きな作品楽しんだり、そのために異常なほど課金するお金を賄うのに忙しいから。

「かわいい」もそうで…自分を磨くのに忙しい。
実際、悪口を言われて落ち込んでる主人公に、こんなこと言ってるし。

「下から目線」なこじらせてる人からすると「自分を磨いてキレイになるから、そんなことが言えるんだ」とか思われがちだけど…そうじゃない。
自分を磨いていれば、他人のことなんてかまってる暇がない。
誰がなんと言おうが、「話し合わねーな」で済むぐらいキチッとやってたら、スルーするだけの自信がつく。

キレイだから、自信があるからとかそういうことじゃない。
どうすることもできない人に期待してる暇があったら、自分を磨けば?
ってだけ。

シンプルだよ。
ストイックなんじゃなくて、ムダなことに関わらないだけ。
「考えたら不幸になるだけ」という不毛な話よりも、「考えたら幸せになれること」を真剣に考えたいだけ。

何もかもやろうとするから難しくなる。
自意識過剰なほど他人や社会といったどうにもならないことを考えるから難しくなる。
「難しくしてるだけ」だよ。

これ、落合博満が同じこと言ってたよ。

面白い一致だと思わない?
レディースコミックの…美容や立ちふるまいについて変えていこうとする作品の中で言われてることと、男が大好きな野球の世界では落合博満(プロ野球の歴史で唯一の3回の三冠王。監督としては)が同じこと言ってんだよ?

 

ちなみに、落合が「難しくしてるだけで実際は単純」と言った時もそうだったけど、それをテレビで言った時に、野球好きな出演者から「そんなに簡単でいいんですか?」ってツッコミにそう返して、野球を知らない出演者は素直に聞き入れてたため、素直に聞いた人の方を落合は褒めていた。

こじらせてる人や、わかってない人は難しく考えようとしすぎる悪い癖がある。
自分にできてないということは、できる人はもっと難しいことができる人達に違いない
とか、
子どもでも思いつきそうなぐらい単純なことを簡単に説明されても安心できない。難しい言葉で説明してもらったほうが、専門家っぽくて信用できる
とか思ってしまう。…が、実際にはそれに騙されてたり、自分が思いこんでるだけのことが多い。

 

本当に大事なことは、偉人や周囲のすごい人がいった簡単な言葉の意味を彼らと同じぐらい深く理解していくこと!言葉で伝えきれない…実際に同じ高みに立ってみないと言えないことの意味を正確に理解することのほうがずっと大事。

すごい人は意外にもノウハウを教えたり、上手になる手助けをしてくれる。
美容でも野球でもノウハウは山のように溢れているし、すごい人ほどシンプルで素晴らしい理論を持っていることが多い。
でも、シンプルな理論を唱えがちなすごい人の記録がなかなか破られないのはなぜか?それはその人ほど深い理解度に至ってないから。その人ほど行動力がないから。

男の人にこそ「カワイイ私の作り方」を読んでほしい理由はそこ!
男ですごい分野だと
「この人は厳しいシゴキに耐えたから野球がうまいんでしょ?」
「この人は天才だからきっと他の人とは違うに違いない」
という。確かに独自の理論を作ったという意味では落合もイチローも他の世界の偉人・超人も天才であることには間違いない。

実際には独自の理論があろうが、努力して形にしないと結果にはつながらない。

小説とかがわかりやすいんじゃないかな?
面白い話、面白い設定を考えつく人は世の中にたくさんいるけど、実際に書いた人じゃないと小説家にはなれないでしょ?
プロットやアイデアの段階でアレコレ説明したがる人は多いけど、書かないやつ・書いていくうちに自分の考えたモノがどう見えているかを考えない人は…面白いものなんて作れないでしょ?

話が大きくそれたから美容の話に戻す。
自撮りを上げるのは、男や化粧に興味のない女からすると「美人な自分を見せたがってる」というけど、アレは「自分でチェックするため」というのが大きいのよね。

理論なんて、仮説の段階で最初から正しいことはほとんどない。
試して・修正して・世の中に出してみて…それを繰り返してできあがっていく。

そこがキチッと伝わる作品であり、こじらせている人にがんばって伝えようとしている作品だからぼくは畑違いだけど、この作品が好き。

細かい美容のテクニックはマンガを読んでもらえばわかるし、(そもそも作者が美容関連のことをnoteなどで掲載して紹介するほど)美容に詳しい作者なので、メイクや女子力アップに関する作品としてすごく造詣が深くて面白い。

※マンガの中でも美容関連のハウツーの部分は上げないでほしいと言われてるから、ここではストーリーやメッセージ性に関わる部分しか載せないようにしてます。

「マンガもいいけど、美容に関する知識をもっと読みたい」
という人は作者のnoteや、前作の「リメイク」を併せて読むことをおすすめしたい。

 

スポンサーリンク


その道のプロ達が、こじらせている人でも応援したい理由

ぼくはこのマンガを見つけてくれた女性からも、別の人からも応援されやすい人だし、ぼく自身が自分の得意分野であるブログについては教える側に回って何人かのライターを排出している。

無意識には応援する・応援されるという輪の中に入りながらも
「なんでやってるのか」
が自分の中ではわかんなかった。

その理由がこのマンガを読んで少しわかった気がする。

明らかに自分よりもできる人ができない人を助けてる理由

  1. そもそも、格が違うとか、すごい人という壁はできない人が勝手に作ってるだけで、そんなに気にしなくていい。(難しく考えなくていい)
  2. できない人ができるようになることが楽しいし、楽しませてくれそうなぐらいできない人側に素質があるから。
  3. 自分の得意分野ができる人が増える、ノウハウや構造を理解してくれる人が増えると回り回って自分が楽。友達…とまで行かなくても、話が通じる人が増えると楽。
  4. 本当にいいものを作れる・表現できる人が増えると自分の周りが盛り上がって、いい意味でのシナジー効果が期待できるから。

見返りを求めてる人ももちろんいるけど…見返り以外でも自分が体験した楽しいことを共有してくれる人を増やしていくのはお金以外の意味でも先行投資、自己実現になるから、やる。

他人との交流なんて、結局は楽しいかどうかが先。
利害関係のお付き合いもあるだろうけど、楽しそうに何かに打ち込む人、なにか教えられること・伝えたいことができるほど楽しみきった得意分野があること…そっちが先。

自分が何かを楽しみきったあとは…自分とは違うことでがんばってる方に会って、どんどん尊敬や苦労をわかってあげられる人間になっていけばいいんじゃないかな?
そういう意味で、このマンガをおすすめしたい。

自分のやってることを楽しんでほしいから。
変わっていく楽しさを知ってほしいから。
自分とは違う畑の苦労や面白さに触れてほしいから。

 

 

◆関連記事:少しだけ手を伸ばして華やかな世界へ

「服を着るならこんなふうに」と言われてもわからない人にこそ、このマンガを読んでほしい
メンズファッションのノウハウを紹介したマンガ。オシャレの基本から教えてくれるから、服選びがよくわかんない人はここから読むと面白いよ。

マンガ「恋愛3次元デビュー」は…オタクが恋愛・結婚する上ではすごくバイブル!
交際経験のない女性が、結婚するために一念発起して本当にゴールしてしまうまでのお話。女性向けマンガは彼氏がいるのが当たり前だからこういう視点の作品は新鮮。

彼氏の覚悟を決めさせるには、結婚式場の見学を一緒にするのが一番早い(事前予約編)
このマンガを見つけてくれた人と式場見学に行った時のお話。準備の段階でお金のことや家族のことを話し合ううちに「結婚式するために動いてるだけでもどんどん覚悟が決まっていくなぁ〜」という、すごく神聖な気持ちを持った。

スポンサーリンク