慶太の寿司が一周廻ってBL色が強かった件について

スポンサーリンク


「江戸前鮨職人きららの仕事」のスピンオフである「慶太の味」というマンガを読破した。
きららの仕事自体相当昔のマンガなので、これは「ネタ作品の紹介」という位置づけです。

きららの仕事は寿司ライターである早川光が寿司バトルを通じて寿司のうんちくを山のように語ってくれる作品。

この中に出てくる「坂巻慶太」というやつが、魅力的なキャラクターで、この人が若い頃にお店に所属しないで寿司職人として渡り歩いていた頃のことをまとめたスピンオフ「慶太の味」が慶太の味となっている。

寿司の話も出てくるのだが…慶太の味では、寿司以外の話もたくさん出てくる。
一番ユニークだと思ったのは昔お店で出していたかき氷を再現する…というお話。
グルメマンガの題材でかき氷を取り上げること自体がかなり珍しいのに加え、慶太の幼少時代のお話も出てくるからそれもそれで面白い。
もう剛腕・角刈りの男がかき氷を作っている時点で面白いでしょ?

男らしさを突き詰めすぎた結果、BLにまで踏み込んでしまった坂巻さん

本家「きららの仕事」でもネタにされてきた坂巻だが、今回は坂巻のマッチョネタがパワー全開で展開されてる。

本来、寿司のうんちくを語ったおっさん向けマンガだから女性読者なんて本当に少ないはずなんだが…マッチョネタを突き詰めすぎて「BLに踏み込んでいるのでは?」という仕上がりになっている。

 

1巻からサービスカットがある。
まずは、かき氷のお話で考え事をしている時の坂巻さん。

いや、こうはならんだろ

「なんだよこのサービスカット!?誰のためにやってんだよ!」
しかも、1巻1ネタじゃなくて、他の話でもやってる。

すごいわ〜ほんとすごい。
本人が至って真面目で1ミリもふざけてないせいで、余計面白いわ。

しかも、これは2巻でもセルフオマージュされて登場するから面白い。

何がおかしいって…特に裸でもなんでもなかったシーンから突如、こんなことになるからね!?

寿司やグルメのうんちくを語ったマンガなのに、突然こんなのが入ってくるから。
真面目な調理法の話もしてるのに、料理開発に行き詰まると、なぜかBLに走るからね??

3巻まで来ると作者の開き直りが最高潮まで来て…大の男で絶対にやらないことまで踏み込んでいくからね。

作中で実質的にラスボスとして出てきたキャラなんだけど…坂巻と男の勝負をスピンオフでして…すごい方法で実力を認め合っちゃってる。

ここまでは「ウホッ!?」と思ったけど、まだドン引きまではしなかったね。
ぼく、仲良くした女性がけっこうな確率で腐女子だったせいで、男にしてはBL耐性高いから「お!?」とは思えど、まだ引かなかった。

ただ、さすがの俺も引いたのがこれ。

何してんだよ!!

もはや男らしさとかそういう問題じゃなくて、坂巻が大真面目にバカなことをやるのを描きたいだけなんじゃないか!!
さすがのぼくも引いて、頭の中で処理しきれなくてブログネタにしたよ。

きららの仕事なんて同人誌が作られるタイプの作品でもなんでもないけど、仮に同人誌が作られて好き勝手第三者が本編では描かれないえっちなネタを書いたとしても…むしろ、公式が一番の同人誌だよ!!

 

4巻までだから、4巻のネタも紹介しちゃおう。
4巻はもっとすごくてですね…

男気通り越して、ボーイズラブまっしぐらじゃねーか!!!

男をお姫様抱っこして助けたかと思いきや、抱き合ってるからね!?
しかも、ハゲと角刈りが抱き合ってるから「なにこれ」感倍増ですよ!!

ただねぇ…ここが難しいところでして…女性でこういうのが好きな人って一定数いるから、こういうの紹介してるんだよ。

グルメのうんちくマンガとしても普通におもしろいけど、そういうふうに紹介したら女の人、手に取らないから「男にはギャグにしか見えないけど、女性が見るとまた別の方向で面白いからよかったらどうぞ」的な意味も込めて書いてる。

男性向け作品って割とBL化するんやで??

ぼくはBL的な文脈で好きだと言われてびっくりした作品が3つある。
1つは忍たま乱太郎。
今の子は知らないけど、アラサーは学校から帰って友だちと遊んで早めに帰ってくると忍たま乱太郎を見ていた。

そんな童心の思い出だが…女性ファンがすごく多くて特にイケメンでもなんでもないキャラが、BL作品として描かれてる。

もう1つはNARUTO。
これもぼくの中学時代の思い出の作品で、「お色気の術」とか出てくるからエッチなものとしてみてる人はわかんなくもない。
ただ、ぼくは師弟愛・親子愛だと思って見ていたキャラ(カカシ先生とか、イルカ先生とか)が、ボーイズラブとして絡ませあってる作品を見て
「へぇ〜女性にはそんなふうに見えるのか」
的な驚きを感じたのを覚えてる。

というか、自分が子どもながらにピュアに見てた作品だから当時は割と引いた。
名探偵コナンの女性人気が高かったのを知った時とかも「えー」って思ったけど、あれは冷静に考えると女性の方が好きな要素多いからまだわかんなくもないか。

男性向けの作品で主人公に彼女がいる作品ってそもそも珍しくて、ましてや実質同棲しているような作品とまで行くと、コナンかるろ剣ぐらいしかないんだよ。(るろ剣は彼女って扱いではなく居候扱いやし)

 

ちなみに、BL扱いとしててびっくりした作品の最後の一つは福本伸行作品ね。
アカギとかカイジとかあの辺のアゴが尖ってて首が寝違えているような顔の人がいっぱい出てくるマンガを描く人ね…。

おまけに題材はギャンブルや麻雀に関わる作品が多いから「女の子が好みそうな要素」はあんまりない。
ただ、BLウケのいい作品なんだよね。

腐女子の人にアレコレ聞いている限り…あるいはヒット作を見ている限り、BLって大きく分けて二種類ある。
美形男子といかにもイケメンなボイスが本当に好きな人のBLと、少年マンガ・男性向けの作品を本当に友情を再解釈して楽しむBLと。

「妄想を楽しむ」
「男臭いものがかえっていい」
という後者のBLが好きな人には慶太の味って意外と刺さりそうな作品なのよね。
と同時に、最初は「なんだこれ?」ってドン引きする半面、話を聞いていくうちに「あー勘定に対する名前の呼び方が違うだけで、実は好きなものかぶってるかも」と思うのは美形じゃないものをBL的に解釈している人達なのよね。
あるいは内面的なかっこよさから美形として描かれていない男性向け作品のキャラに恋する種類の人とかね。

まぁ、絶対読まないと思うけど、よかったら読んでみて。
男で骨太なグルメマンガ好きな人、マッチョをギャグ要素に使ったギャグマンガが好きな人には普通に面白いし、女の人で「天真爛漫でおちゃめな部分があるマッチョ好物です」って人にも面白いと思う。

絶対そういう作品ではないと思うけど…一周廻っちゃって別の層からウケそうなので、ちょっと紹介しておきます。

 

 

スポンサーリンク