103/105ページ

103/105ページ
  • 2012.03.30

ブラック企業の駄サイクル〜引越し業界の「ブラックorホワイト」〜

久々に、日常経済ネタをやる。自分自身の体験もそうだが、友人が「引っ越してきた」ことをきっかけに「あ!このネタやろう」と思って、これにすることにした。 記事のメッセージ性としては「ブラック企業に仕事頼むと、危ないわよww」って話。仕事以前のところが危なすぎるからそこをちゃんと書く事で世間に「いい企業、良い商売とはなんぞか」を考えてもらいたくて、これをやり始めた。 お品書き ブラック引越 ホワイト引越 […]

  • 2012.03.25

JSが俺を取り合って大変なことになっています  糸緒思惟

はっきり言うが、これを読むだけ時間の無駄。僕の書評もその人の作品も。レベルが低すぎてまともに評論すると弱いものいじめみたいになるから僕はやりたくない。作者やファン、僕の記事をはてブする人がわざと読み違えて予防線を飛び越えて文句を言うことが想定できるからやりたくない。 はてブやTwitter上で「作品を見ずに否定するなど卑怯だ」論がやかましかったので「お前らみたいなレベルの低いのは作品を一々見る無駄 […]

  • 2012.03.20

戦略プロフェッショナルシェア逆転の企業変革ドラマ  三枝匡

朝の20分でかけるところまで、読書日記を書いていきたいと思います。今回は久々(堀江貴文著「拝金」以来)の経済小説。 聞き慣れない名前の人かもしれませんが、筆者は実際はコンサルタントを経由して実際にそれなりの会社の社長(規模はそれなりなだけで評価的にはかなりいい会社)の社長にものちになる人です。書いたのが2001年と古めなのですが、結果を出した経営コンサルタントが80・90年代の日本経済をどう見るか […]

  • 2012.03.19

VALKYRIES of their own accord 1947 /名無しの東北県人

久方振りの同人誌紹介をやりましょう。 今回は私が「同人紹介をやりたい」と言ったら、作品を無料で送ってくれた勇者「名無しの東北県人」の作品です。ゆえに、作者が絶対見るのですが、全く媚びない方針でやります。(クレーム王の私に「妥協」だの「恐れ」なんてものはないと思っていただこう(笑)) 今回は…小説でもなんでも「文章書くよ」って人は是非見て欲しい。 お品書き あらすじ 高度≠面白い オリジナリティー […]

  • 2012.02.27

若者は本当に幸せなのか?〜経済問題・共同体の崩壊が変えた幸福観〜

複数の2chまとめブログの中でこのニュースが取り上げられている。 今の若者は幸せ? 20代の70.5%が現在の生活に「満足」と答える | ニコニコニュース この話を普通に「そうだよ。車も結婚もないから幸せだ」とか「社会基盤が腐りつつあるから、嵐の前の静けさなんだ」ではつまらない。だから、色々と考察したうえで最後に「あっと驚く為五郎」な話を用意したいと思う。(前半の「今の若者は幸せなんだよ。」だけで […]

  • 2012.02.24

二人だけの教室 水あさと

すさんだ心を癒してくれる同人誌紹介の時間です。(※企画の本旨は「僕がいいと思う作者の創作活動が少しでも意欲的・経済的に楽になれるような支援をしたい」ということなんですが、ことこの本については「僕が癒されたいから」語ります。) 文句はコメント欄に書いてくれたら「わ、私めのブログにコメントなど…滅相もございません///」と子芝居をしながら読みますo(*^▽^*)o …だって、今回はコミティアのホームペ […]

  • 2012.02.22

(加筆)ワタミ労災騒動まとめと教訓〜僕らがここから学ぶべきこと〜

日本中に労災やその関連裁判が報じられているご時世だが、そこから学び取って自分の行動に繋げていこうという人の姿が見受けられない。「人の振り見て、我が振り直せ」の精神を持って見れば、ワタミ騒動からは多くのことが学べる。 お品書き ワタミ労災騒動について 自分の命は自分で守りなさい 熱血系ナルシストに気をつけろ 安い食事には血が混入してる

  • 2012.02.18

ねこぐるい 青稀シン

…恐ろしいものを見つけたので、紹介します。私が2月のコミティアでゲットした作品の中で一番笑いすぎて中毒症状を起こしたのがこの作品です。 これを知らないと人生損してると僕はいわざるを得ない!!…そんな作品です。 お品書き 大したことしてないのに、面白い 漫画特有の表現を有効活用した ここ5年のオタク文化の典型例

  • 2012.02.16

ケミカルガールズスクール  こーわ

あ、ありのまま起こったことを話すぜ?俺は「表紙の女子高生がかわいいから」同人誌を購入したんだ…。だが、中身は「化学」の本だった。詐欺だとかなんだとかって言いたいんじゃねー。作者の多彩ぶりに驚いて何も言えなくなっちまったのさ。 お品書き 驚きの「カノッサの屈辱」臭 驚きのかわいさ「化学×百合」

1 103 105