マンガ「江戸前エルフ」は、ただのオタク!でも、そのゆるさが好き!!

マンガ「江戸前エルフ」は、ただのオタク!でも、そのゆるさが好き!!

タイトルが好きで読んだマンガが、思いの外面白かったから紹介するね。

created by Rinker
講談社
¥693 (2019/12/07 20:29:18時点 Amazon調べ-詳細)

…このマンガはね、作者のマンガのスキルがとにかく高いから、なんでもない日常モノのはずのこの作品がとにかく、全キャラ好きで、マンガの中に流れる時間に思いを馳せて癒やされる作品となってる。

あらすじ

江戸時代から400年生き続け、高耳神社で祀られているエルフさんがいる。

ただ…エルフといいつつも、中身が引きこもりのクソオタク。
いっつもゲームしたり、プラモ作ったり、玩具を集めたり…そこらのオタクとやってることが変わらないダメなやつ。
巫女を引き継いだ女子高生からいつも「神事ぐらい真面目にやれ」「引きこもりのくせにエナドリ飲んでんじゃねー」とか怒られてる。

でも、400年祀られ続けるエルフだから、ちゃんと町内では人気があって大量のお供え物が届く。
まともな神社ならば、米やお酒が届くのだが…PSVRやお菓子などエルフさんが好きなものが届くというから…まあすげーよね。

神というより人気YouTuberに近い人気の出し方をしていて…すごく現代的な方向の神。

一貫してこの雑でゆるい感じが続くんだけども…マンガ家の緩急が素晴らしくて読めてしまう。

数話で簡単に回収されるベッタベタなシリアスが入ってきたり、
割と本格派な食べ物や玩具の歴史的なお話が入っていたりして、
緩急をしっかりつけているから、題材や雰囲気がゆるくてもしっかり面白く読める。

このバランス感覚が一番面白いなぁ〜と。

日常モノでありながら、「設定の必然性」がしっかりしているのがすごい!!

江戸前エルフをシンプルに語るなら、ぼくは「ゆるふわな雰囲気なのに、設定の必然性がしっかりしているから面白い」という言葉で説明する。

「設定の必然性」という聞き慣れない言葉を使ったから少し説明する。
面白いマンガを選ぶ基準の1つに「この設定である必要があるかどうか」というのがある。
これをぼくは便宜上、「設定の必然性」と呼ばせてもらっている。(めんどくさいオタクはすぐ自分の造語を作りたがるんだ…すまない)

例えば、このマンガでは「異世界から来たエルフ」という不思議な設定がある。
異世界やエルフを題材とした作品は多くあるが、その中での優劣や作品選びをどうやってつけるか考える時に、この「設定の必然性」が大事になる。

もし、下手くそなクリエイターだと本当に異世界・エルフでなくても成り立つ作品を作る。
異世界転生作品の定番は「自分の持っている当たり前のスキルが、環境を変えると評価される」という流れだが…別にこれは異世界に行く必要はない。
外国に行くとか転校するなど、異世界転生せずとも成り立つ物語は多い。

逆に上手なクリエイターであれば、ライドンキングみたいに
【自分が乗ったこともない生き物に乗ってみたい】という欲望を現実ではないファンタジーの世界で叶える。これはファンタジーの世界(異世界)に転生しないとできない
という物語に対して、「設定の必然性」がある作品に仕上げている。

江戸前エルフの場合も同様で…エルフが「ぐーたらでも慕われる美人」だけでいいなら、それは別に神様ではなくYouTuberでいいのだ。
実際、異世界おじさんという異世界から帰ってきた人を題材としたマンガでは、異世界おじさんが異世界で覚えてきた魔法を使ってYouTuberをして生計を立てている。

ただ、このマンガでは「江戸前」という言葉にもあるように、歴史やジェネレーションギャップを多く描いていることで
「不老不死のエルフでないと作れない物語」
を作っている。

実際問題、不老不死で種族が違うともなれば、江戸時代の人が神様として崇めたくなるのもわからなくない。

400年前から日本で生きていれば、当然若い子にはありがたみがわからないこともある。
カジュアルに会いに来る人も出てくれば、エルフの特徴を聞いても感動しないで雑なこと言うやつも出てくる。

かくいう巫女さんがこんな認識だし。

これ、一見なんの変哲もないコマだけど…このマンガじゃないと成り立たないやり取りだから!!

他にも、エルフさんにPSVRをお供えしたおばあちゃんはエルフを信仰することに実感がわかない巫女さんにすごくいいことを言ってる。

こういう話が小出しに出てくるところに「あーこれは江戸前エルフでしか描けない話で、それがすごくいいからこのマンガはしっかり面白いなぁ」「もし、不老不死のエルフがいたらこういう形で信仰されるかもしれない」と思わせてくれる説得力がある。

マンガでしか成り立たない不自然な設定はいっぱいある。
でも、マンガとして納得して読めるかどうか、面白いと感じた時に受け入れられるかどうかは「設定の必然性」がとても重要になるんだ。

そこを抑えたうえで、ゆるいマンガを作ってるから
「ゆるいけど、しっかり面白くて安心して読んでいられる」

これはエルフさんのオタク気質にも同じことが言える。
これは一見すると余計なキャラ付けのようだけど…エルフさんの話をよくよく聞いてみると、人間のオタクではありえない方向に年季が入っている発言をしている。

いくらお菓子のおまけ集めが好きな人が好きな人でも「浮世絵から始まって、それを引いて嬉しかった」と言えるのはエルフさんぐらいじゃないかな?
「設定の必然性」がしっかりしているからこそできる話だよね。

日常のゆるさを楽しむマンガ…不自然なファンタジー設定…
確かに、マンガでしか成り立たない不自然な設定を作ってユニークさや、共感を誘うあるあるネタは大事な表現技法だ!
でも、不自然な設定に説得力・納得感をもたせて読ませる、そのマンガでしか成り立たない「日常だけど、自分たちが見たことないその人だけの日常」が描ける作品は、格別な存在なんだ。

それをこのマンガは体現していて、とても楽しめたよ!!

 

スポンサーリンク


江戸前エルフが好きな人におすすめしたいコンテンツ4選

せっかく「設定の必然性」の話をしたので、この手法を忠実に取り入れていて面白いマンガを3つ、必然性を持った状態で自分にしか作れない動画を作るクリエイターを一人紹介する。

よかったら、そっちも楽しんでもらえると嬉しい。

1、半助喰物帖

作風が一番近いのはこれかな。

created by Rinker
講談社
¥693 (2019/12/07 20:44:51時点 Amazon調べ-詳細)

江戸時代から来たお侍さんが、OLさんと同居して主夫をするという話。

料理マンガとしても歴史マンガとしてもすごい情報量がある作品だから、自炊をキチッとやるオタクは男女問わず好きそう。
女性が気に入りそうと言ったのは、半助が(現在に来る前は)所帯持ちだったせいで、基本的に恋愛に発展しないから「色恋が煩わしく感じている女性にとっても、理想の関係で読みやすそう」だから。
男は歴史もうんちくも好きな人多いし、和食メインの料理マンガって意外とないから…その道のオタクにマッチしてるから。

2、ライドンキング

created by Rinker
講談社
¥704 (2019/12/07 18:34:08時点 Amazon調べ-詳細)

さっき紹介した「異世界転生モノなのに、異世界に行く必要性があるキャラクターを描いているマンガ」です。

内容は「乗り物や動物に乗るのが大好きな大統領が、異世界に転生してドラゴンや異世界にしかいない動物に乗って異世界を楽しみながら冒険していく話」です。
かなり評判高いから知ってる人も多いかもしれませんが、まだ読んでない人は是非。

3、姫様”拷問”の時間です。

created by Rinker
¥660 (2019/12/07 19:22:16時点 Amazon調べ-詳細)

ゆるさを楽しむマンガでファンタジー要素があって面白いのはこれだと思う。

「囚われの姫が拷問を受ける」
というハードなあらすじとは裏腹に内容がゆるすぎてみんなハッピーという、意外性…。

このマンガでしかできない空気感でぼくは大好きです。

4、谷やん(谷崎鷹人)チャンネル

「料理ができる大食いYouTuber」という彼にしかできない動画を上げてる人です。

一人で5キロ6キロの食事を調理して、それを自分で平らげるという、普通の人には不自然極まりない動画を作る人。
しかし、彼が大食いで料理ができるからこそ、できてしまうという奇跡の動画です。

すごく稀なことですが、「設定の必然性」はフィクションだけではなく人間にも当てはめることができる。
でも、自分しか持ってない特技や、才能を持っている人ってレア。だから、人間でできる人は少ないよねぇ〜。

スポンサーリンク

関連記事