YouTubeはじめたての人は、まずは10本動画作れ!世界が変わるから!!

動画制作

スポンサーリンク

何が起こったかといいますと…こんなことが起きました。

最近、ブログがご無沙汰で何をやっているかと言うと…動画を作っているんです。
ゆっくり解説動画を2月中に8本作り、3月の頭にこの動画を作りました。

 

【ネタバレあり】映画版SHIROBAKO感想&元ネタ解説

 

すると、この動画が爆発的な伸びました。

もちろん、この動画を作るのにはすごい苦労があり、クオリティでも他のちゃんねるを凌駕しているはずです。
実際問題、You Tubeでアニメやマンガを語ってる人のほとんどはぬるオタで、よく言えば【みんなが思っていることを代弁っしてくれる動画】を作ってる人がほとんど。
ぼくのように、元ネタを調べ上げる人はほとんどいません。

ニコニコ動画やはてなダイアリーの時代は、ぼくなんてザコ虫・ゴミ虫・ウジ虫なオタクで、
「もっと元ネタや昔の作品の知識が、スルスル出てくるようなオタクになりたい。」
と思っていました。

しかし、You Tubeの時代にはそういう人達は天然記念物並に見なくなりましたし、若い子も目指さなくなりました。
結果、相対的にオタクとしてはレベルが落ちた結果、ぼくの動画がYou Tubeで一番詳しいと言う状態になり、You Tubeで動画がシェアされると、爆発的に伸びました。

…というのは、建前です。

ぼくも、自分の専門性や取り組み自体をみんなが認めてくれたら一番嬉しいのです。
しかし、そんなピュアなハートでYou Tubeに投稿してたらYou Tubeではやっていけません。

そこで、You Tubeをこれから始める人、始めたはいいけど、心が折れそうな人に贈りたいアドバイスは
「とりあえず、動画を10本作ってみろ!!」
ということです。

YouTuberがすごいんじゃない!ブラウジング機能がすごいんだ!!

あまりにも唐突に、そしてすごい勢いで伸びたので、You Tubeのアナリティクス機能でどこからアクセスが来ているのかチェックしました。

すると、一目見てもよくわからない「ブラウジング機能」と言う文字が目に入りました。

これはなにかといいますと…You Tubeでよく表示される「あなたへのおすすめ」というやつです。
ちなみに、ぼくが動画投稿に使ってるアカウントだと、こんな感じに動画がおすすめされてます。

これに表示される動画は、たくさんの人が見てくれるため、アクセス数もチャンネル登録者も視聴時間も爆発的に伸びます。
しかし、爆発的にヒットさせた人か、10本前後動画を作って数を増やした人でないと、そもそも動画がおすすめに載らないそうです

ニコニコ動画には、新着動画を機械的に流してくれる場所があるので、どんな雑な動画でも30再生ぐらいはある。
しかし、You Tubeはおすすめされないと、検索してもらうか、自分で宣伝してもらうまで、動画が見られないため0再生、1ケタ再生が存在する世界です

もちろん、クオリティも大事です。
しかし、クオリティにある程度自信があって「いくらなんでも1ケタはねーよ!!」と思う人はまずは10本作るのをお勧めします。

逆に言うと、最序盤は検索されることが大事!そこで、戦略を授けよう!!

ぼくのYou Tubeちゃんねるでは「50%作戦」という戦術を取ってました。
もっと素早く、いい方法はあるかもしれないけど、最序盤にこれで戦えることがわかってきたので、この作戦を書いてみます。

まず、ぼくのマンガちゃんねるは…新作マンガの紹介に特化しているため、You Tubeではものすごく検索されにくい分野です。
しかし、ぼくが一番得意で、語れて、続けられるジャンルはマンガなので、マンガちゃんねるだけは譲りたくないのが本音です。

そこで、固定ファンがつくまでの間は「純粋なマンガ紹介は50%」とすることにしました。
そして当初は「マンガ原作で実写化40%」「本屋で見つけた新作マンガの紹介を10%」で行く予定で動画を作ってきました。

これは、1つ前に「ヲタクに恋は難しい」のレビューがそこそこ伸びたからです。
ヒットと言っても、今300再生を少し超えた程度なんだけどね…。

 

【ネタバレあり】映画版「ヲタクに恋は難しい」と原作ヲタ恋の本当の魅力を語る。

 

でも、この「50%作戦」は、後に「50%は新作マンガレビュー、50%はその他のレビュー」とすることにしました。
アニメや映画の面白い作品を追いかけている人なら、マンガにだって興味ある人もいるだろうからね。

 

そのきっかけとしては、SHIROBAKOは原作がアニメで、映画もアニメ映画だったから。
だから、「チャンネルの名前から言って、これをレビューしていいのかな?」と疑問に感じましたが…ブログの読者の方から「SHIROBAKOのレビューやらないんですか?」と言われて、色々悩んでやることにしました。

本当はブログ限定コンテンツにする予定でしたが、ブログにプロトタイプを書きなぐり、動画で会話劇の流れに収まる範囲で作りました。

結果、ヒットしました。
ヒットと言うには小さすぎる気もしますが…零細You Tubeちゃんねるで300再生超えるのがどれだけ大変か…。

視聴者数で言っても、170人いるんですが…170人に動画見てもらうのがどれだけ大変か…。
動画の再生数は数十万、数百万の人がゴロゴロいるから麻痺しているけど…170人って、ぼくの小学校の同級生よりも多いからね?(120人でしたので、だいたい1.6倍です)

同級生全員+彼らのおかん半分ぐらいから
「青二才さんの動画見たよ!」
って言われてるぐらいの人数だと考えたら…それすごいことだからね?

 

ブラウジング機能に載ってないヲタ恋の時は本当にしんどかった。
動画を見てる側の人からすれば、それは伝わらないかもしれない。
だけど、チャンネル登録が1ケタとか、10人ぐらいのときには流行りに乗っかったり、TwitterやFacebookで身内に見てもらうところからやって、やっと300再生。

でも、グーグルのブラウジング機能に乗せてもらうと、自分が昼寝しながらスマホいじって過ごしてても伸びて300再生。

だから、動画投稿はじめたばっかりの人は1ヶ月2ヶ月は腐らないで動画作って欲しい。
やりたいことが検索されないなら、半分は妥協して別のものを作ってもいいから流行りに乗っかってほしい。

「親や友達に内緒で」
なんてカッコつけるのもいいけど…なんのツテもない人は最序盤の一番苦しいときはどんどん身内に頼って一番つらい時を脱してほしい。

最初の1ヶ月は本当に辛かったよ!?
ほぼ誰も見てない動画を…一人寂しく無理をして作り続ける日々。

だから、一番苦しいところで悩んでいる人がいたら、是非この動画を参考にしてほしい。
もっといい方法があったらぼくだって教えてほしいけど…この方法だってそこまで遠回りじゃないはずだから!!

created by Rinker
ヒューレット・パッカード(HP)
¥234,148 (2020/08/03 20:35:20時点 Amazon調べ-詳細)

ケタ違いに高いパソコンが欲しい…。今使ってるWindowsのPCが、動画のエンコードする時間がものすごーく遅い(SHIROBAKOの動画は2時間かかった)からもうちょっと早くて強いのがほしい。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました